韓国ガールズグループ「AOA」元メンバーのクォン・ミナが、自身を取り巻く騒動について語った。

 クォン・ミナは29日、自身のインスタグラムに直筆で書いた長文の立場文を掲載した。


 以下、クォン・ミナが掲載した文章全文。


こんにちは…まず私が吐き出した言葉に責任を取らない行動を見せてしまい、本当に申し訳ありません…。

インスタグラムをしばらく止めて、自粛の時間を持つと言っておいて…また不快な視線を与えることになりました…本当にたくさん悩みました。

実際、ただ口を閉じているにはユさんの事件も、シン・ジミン(ジミンの本名)姉さんの事件も、当事者である私が経験した内情とはあまりにも違う話しが段々と出てきており、またたくさんの方に説明しろと言われて…私もありのままに全てを説明したいんです。

内容が非常に長くなりそうなので、現在出てきている話を中心に嘘なく話します。

まず私は、シン・ジミン姉さんの被害者です。絶対に加害者ではありません。

17歳3か月に練習生の生活を始めたので、「AOA」というグループ生活と練習生を含めた10年間、暴力や暴言、侮辱などをされた被害者です。もしメンバー全員と他の人たちにも私に接するように接してくれたら、私は悔しいとも被害者だとも言わなかったはずです。

これについては、他のメンバーも今の関係がどうであれ、クウィ洞の合宿所で酒を飲みながら悩みを相談した時を含めて、何回も認めたことだから。私一人が感じた自責の念、そして虚言癖ではありません。

出回っている声明文についても話します。

1. 臨終を見守った?スケジュール消化の妨害になるかと思って本人自ら見舞いに行けなかった?

「Like a Cat」の活動とドラマ「モダンファーマー」の出演で一番忙しい時期だからお見舞いに行く機会すら少なかったが、すい臓がんを宣告された父の見舞いに久しぶりに行った時、最初に入院した時の姿と違って骸骨のようになってしまった父の姿が忘れられませんでした。もちろん、今もです。「人気歌謡」の控室でヘアスタイルの整えていて突然父の姿を思い出しました。歯を食いしばって耐えたけど、声も出さず、涙が流れてきました。だから下を向いたのに、ジミン姉さんがそれを見て、私を着替え室に連れて行き、「あんたのせいで雰囲気が曇らないようにして。どうしてみんなに気を使わせるの」と怒り、私は父がもうすぐ死んでしまいそうだと答えると、みんなが怒られると思いました。

シン・ジミン姉さんは本当に怖い存在でした。仕事が終わると、明け方に何回か見舞いに行けるチャンスがあったが、今回に行ったら父の姿がどうなっているのか怖くて、毎日メンバーとの仕事があったけど…ひょっとしたらもう一度泣いたらどうやって怒られるのか想像するのも嫌でした。ただ怒られるのが怖くて、2か月半しか時間のない父に会いに行けなかった?信じられないでしょう?…怖かったんです。そのくらい…。

状態が危険だという連絡をもらって、到着した時にベッドサイドモニタのピーという音が鳴りました。そばで一緒にいてあげるのが…30分でも、一言でも話さなきゃならなかったのに…これが臨終を見守ったという意味だそうです。ピーという音を聞いたから臨終を見守ったというなら、どうでしょう?そういうことでしょうか?

そして横にあったスケッチブックに、父がヨロヨロの字で「うちの末娘、どこにいるのですか?」と私に会いたがっていたのを見た時、私の気持ちはどうでしょうか?シン・ジミン姉さんのせいではないのですか?皆さんは私の状況でこんな言葉を吐けますか?

2. スケジュールを配慮?

まず、「モダンファーマー」の準備(セリフ練習)をしなければならないのが大きく、「Like a Cat」のステージをご覧になれば分かりますが、私がいないステージがあると思います。

私はその時、ソウルから4時間もかかる地方のポンハマウルの撮影現場にいました。移動時間がかかるため、先に出発しなければならないケースが多く、車内で台本練習をしました。個人のスケジュールを考えて配慮してくださった部分は申し訳なく、感謝していますが、父の闘病の配慮ではありませんでした。

そして追加で2週間?の休暇をもらったという話も出ているのは、あり得ないことです。これは事務所側でも分かるでしょう。一番忙しかった時期だったし、休んだのは葬式の3日が全てでした。喪主だから。葬儀が終わって再び撮影に入りました。1日や2日ならまだしも2週間は絶対に…ドラマチームの状況もあるのでそんなはずはありません。

3. クォン・ミナはグループ内で仲間外れだった?

シン・ジミンにいじめられたからだと、脱退の正確な理由と自殺未遂、自害の原因について話し、残りは傍観者だという単語を使ったけど仲間外れという単語は記者が使ったもので、私が使ったのではなく、シン・ジミン以外に特にシン・ヘジョン、ソ・ユナ姉さんと仲が良かったのは事実で、再契約直前にシン・ジミン姉さんとキム・ソリョンを除く残りのメンバーと酒を飲みながら、嫌う理由は何か?方法は何かあるか?そしてかき氷カフェでヘジョンと私が一緒に住んでいた合宿所ではキム・ソリョンも含めて討論、シン・ジミンの悪口を言い合い、再契約について私がしたらするという方向で話をしていたのに、傍観者、コモリなど失望と裏切りを感じる単語を使ったことは、最後にシン・ジミン姉さんがうちに謝罪に来ると言った日に知りました。

簡略には、まずユナ姉さんから電話がきて(マネジャーのソンギョン姉さん、チョア姉さんはメンバーが来るとは知らず、私が心配になってうちに来ているだけだった状況)「ミナ、ジミン姉さんが心から謝る気持ちがあれば、あなたの家に連れて行ってもいい?」と言うので、私は「うん。もちろん。ありがとうと受け取らなきゃ。心のこもった謝罪ならいいよ」と答え、しばらく過ぎた後、謝罪どころか私と親しい男性チーム長とマネジャーを連れてきて、私に突進してきて刃物騒動に…この話はだいたいご存知だと思います。

こうして悪口を言っていたメンバーはどこに…シン・ジミンを除いて私が入ってきてグループでやりたかったメンバーはどこに…べったり(シン・ジミンの横に)くっついて喜んでいた記憶はないのかなど、シン・ジミン姉さんが出ていくからみんなついていったんです。そして何年か経ち、あるメンバーが電話で私に再契約するようにビジネス的に言っただけだって言ったんです。私が何をされても見ているだけだったり、知らないふりをしていたりしているから、私の立場とすれば傍観者だったんです。

4. 告訴(民事訴訟)と警察捜査の拒否

民事訴訟は私が決め、証拠を全て集めた時ではなかったので、弁護士選任費用は1000万ウォン(約100万円)台なのに、処罰はたった精神的治療費だとかそういったもので150〜300で終わるだろうと聞きました。本当に頭に来ましたよ。1000万ウォンももったいないけど、処罰が気に入りませんでした。

ところが今は被害者がまた増え、実際どうなるのかは分からないが、今後は私も辞めたいんです…それで警察の捜査を拒否?記事とおおよその話はDMやコメントでどうして拒否したのかって…たくさん言われたけど私は直接的に警察の捜査依頼に対して聞いたことも連絡をもらったことも拒否したこともありません。

たぶんその時、当時の所属事務所代表と弁護士さんが私の健康が優先だと思い、代わりに判決をしたり、家族の誰かがしたりしたと思います。私は直接聞いたことは全くなく、拒否したことも絶対にありません。

5. 証拠

証拠ですか?こういうのがガスライティングですかね?練習生生活が私も初めてだったし、元々こうして過ごすべきだと思って、全て耐えてきて、成人になって20代中盤になれば…ただいつか気持ちを開くのではないかと思いながら薬を飲んで耐えてきたら、10年という時間が過ぎましたね。代わりに証人は何人かいて、証拠資料も10年分に比べたらとんでもないけどあります。

そして私の言葉が虚言癖で、全て作ったもので、リーダーとして若干の忠告で怒ったこと?それで私が苦しめられたと言っているお姫様病の性格でもありません。シン・ジミン姉さんの性格から静かに芸能界を脱退する方ではありません。あの姉さんの性格を知った人はお分かりですが…性格の説明をしてくださった内容もあります…。

6. 遺書にキム・ソリョン

これについては、本当に、絶対に、言いたいことがあります。私はソリョンと一緒に練習生として入り、思い出もたくさんあり、大事な妹で、キム・ソリョンも私を友達のように気楽に接してくれました。なのに、遺書に書く理由はあきらかでしょう。シン・ジミン姉さんと親しいから?そんなとんでもないことではありません。

今活動をしていて、大きな所属事務所があり、簡単に話して力もあるし。キム・ソリョンが思い出すことがあれば、連絡をしてくれたうれしいし、私の考えでは、思い出せないから最後にうちで私を見て死なないでほしいと言ったのだと思います。時が過ぎて話せる時に必ず話します。私も怖いものがあるんです。聞こえるものもあるし。すみません。

7. ジミンは苦しめたことを認めたことはない?

これがなぜ声明文にあるんでしょう?私が一番頭に来て腹が立った部分です。認めませんでした。認めて心からの謝罪をしてもらいたかったです。

8. シン・ジミン姉さんがクォン・ミナに細かく注意を払えなかった至らないリーダーだったことを謝罪して引退?

いいえ。本当に緻密で細かったです。一つでも揚げ足を取ろうと。それなら普通、立場文を出す時、険悪に書きますか?あんなふうに謝罪して引退したから、私が受けた10年分の苦痛はもう消えるんですか?文字一つで人の性格が分かりますか?もちろん私も1回だけすべきでした。しかし当事者じゃないじゃないですか。内情は全く知らないじゃないですか。

まだ私を嫌う理由が分かりません。まして「ミナに」と書いて修正したでしょう。あの姉さん…小説も一緒にいたマネジャーが下げてほしいと言ったから下げました。

今は私もたくさん頭の中から消し、やるだけのことはやったと思います。もちろん私生活の暴露は私が非常に悪い気持ちで、してはならないことでした。謝りたいです。しかし私の10年はまだ進行中なんですよね…。

度が過ぎた行動、口にしてはならない言葉…あれこれ続けて不快な視線を見せてしまった点を本当に本当にお詫びします…。ただすごく悔しくて、つらくて、怒っていて、悲しくて、そうしたんです。復讐したかったし、分かってもらいたかったし、ステージも実力はないけど続けたかったです。

騒がしく、目立った行動や姿、判断力が鈍ってとりとめもなく毎回文章を書き…眉をひそめさせるような点…私も分かっても制御ができないようです。

もうやめたいし、だけど作り話だね、妄想だね、統合失調症だね、虚言癖だね、加害者だね…そういった部分においてはどう受け入れてくださるか分かりませんが、ただ訂正したかったんです。

今、事件や事故が非常に多いですよね。その原因には必ず私がいて、だけど私は本当に誤った部分、そして誇張されたり噂になったりした部分については正直に言いたいです。

幼いころから悔しい思いをすることが多くて…今はそういうことは必ず晴らそうと決めたことが毒になっているようですね…。

ユさんの話もただ正確に伝えたいんです。だけど所属事務所のお兄さんと相談もして、また話すことが間違いなのか、そうでないのか判断できません。私の過ちもあるし。今も支離滅裂な感じで、やたらとこんなふうにしているのか…そんな資格があるのか分からないが、私を応援してくださり、信じてくださる方のためにも、そして…私のためにも言いたかったし、これで終わりたかったんです。

自粛し、当分の間、インスタをしないと言った約束を破って…本当にすみません…長い文章を読んでくださり…ありがとうございます…。