SMエンタテインメントの代表プロデューサーを務めるユ・ヨンジンが、アメリカ・ビルボードが選定した「21世紀最も優れたプロデューサー」に含まれた。

アメリカのビルボードは公式ホームページを通じて、「21世紀最も優れたプロデューサー50人(The 50 Greatest Producers of the 21st Century)」を発表した中、ユ・ヨンジンが39番目に名前を連ねた。

ビルボードはユ・ヨンジンに対して、「SMエンタテインメントの歯車の役割を担うユ・ヨンジンは、持ち前のキーとダンスビートで20年以上にわたり、韓国の大衆音楽をスターダムに押し上げた」と評価した。

また、ユ・ヨンジンの代表作には「SUPER JUNIOR」の「Sorry Sorry」、隠れた宝石(名曲)には「Red Velvet」の「Butterflies」を挙げた。

ビルボードによると今回のリストは、2000年以降のプロデューサーの中で最も革新的で影響力があり、重要なプロデューサー50人を選定したもので、特に21世紀に頂点を極めたプロデューサーに優先順位が付与された。