ミュージカルやバラエティ番組など活発な活動を広げているキム・ジュンス(JYJ)の単独カバー画報が公開された。

 「THE STAR」8月号で公開された今回の画報でキム・ジュンスは「スポットライト」をテーマに強烈な存在感を漂わせた。公開された写真のキム・ジュンスはカメラや照明、鏡などを活用し、自由自在にポーズを見せるなど、“元祖アイドル”らしく存分に才能を発揮した。 特に画報撮影現場では特有の性格や親和力ですべてのスタッフをリラックスさせながら撮影を続けたという。

 画報撮影後に行われたインタビューでキム・ジュンスは「最近、ミュージカル『ドラキュラ』公演の真っ最中だ。残り少ないのが、すっきりする一方で寂しい気持ちになる。すぐに披露する次のミュージカル『エクスカリバー』の練習をしており、ほとんどが練習室と家だけで時間を過ごしている」と近況を伝えた。

 今や韓国ミュージカルのシンドロームであり、日付変更線と呼ばれるキム・ジュンスに俳優としての自身の強みを尋ねると「すべての俳優がそうだろうが毎回身を惜しまない。僕の作品を観た観客の皆さんや一緒の俳優たちがそのように話してもらえたら本当にありがたい」とし「まるで明日がないように、今日が最後のように公演するのが心構えだ」と語った。

 後輩アイドルたちのロールモデルとしてよく挙げられるキム・ジュンス。これについて「本当にありがたい。こういう話を聞くたびに恥ずかしくない先輩になれるように、もっと頑張らなければならないと思う」とし、「アイドルは華麗な人生を送っているように見えるが、内心ではそれなりの悩みがあるはずだ。焦ることもあるが、視野を広げれば自分がどれほど愛され、幸せな人生を送っているか、わかるようになるだろう」と後輩への心からのアドバイスを伝えた。

 デビューからこれまで最も幸せで、記憶に残っている瞬間を尋ねる質問には、「デビューステージだ。そのステージがあったから、今の僕がいると思う。当時の記憶は今でも生々しく残っている」と正直に答えた。

 最後に「年月が経つにつれ、人生の価値観が大きく変わった。以前は華やかなのが良かったならば、今は安らぎと安定を求めるようになる」とし、「デビューから今まで走り続け、緊張感から脱したことがないほど熾烈だった。もちろん、僕にとってまだ挑戦や目標意識があるが、今は少し手放してもいいようだ」と本音を打ち明けた。