7月28日(水)に放送されたユ・ジェソク×チョ・セホのバラエティ「ユ・クイズ ON THE BLOCK」(tvN)第117話が、歴代2位となる高視聴率6.3%(ニールセンコリア調べ)を叩き出した。これは大きな話題を集めた「BTS(防弾少年団)」編の歴代1位6.7%に次ぐ記録であり、「BTS」編以来、4〜5%台の視聴率で推移していたので、急騰したことになる。

この日のゲストは、数々の映画賞を獲得した映画「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督の通訳を務めるシャロン・チェ、3年ぶりに新曲「君はいい人」(7月16日発売)でカムバックした「sg WANNABE」、16年ぶりのバラエティ出演となる俳優チョ・スンウというラインナップ。放送後、3組とも面白かったという声が多いが、特に最後に登場したチョ・スンウ効果は絶大だったようだ。

実はチョ・スンウ、この番組の最多出演者なのだとか。こうして本人が登場するのは初めてだが、俳優チ・ジニ編や、他の出演者のときにも資料映像として、映画やドラマでのチョ・スンウのワンシーンが使われ、資料映像だけで12回も出演しているという。それで、ユ・ジェソクと番組で共演することを待っていたとし、ユ・ジェソクの番組「ランニングマン」(SBS)は走り回らなくてはいけないので、こちらを選んだのだそう。

それに、タイミング的にもちょうど出演するミュージカル「ヘドウィグ」が7月30日(金)に開幕。事前打ち合わせでは、チケットが即完売する人気公演なので、宣伝をしなくていいと言っていたそうだが、大きな会場に変更になったそうで、コロナ禍ということもあり、心配だったので、それもあって出演したと明かし、「15、16年(『ヘドウィグ』を)やってきたんですけど、また出ることになりました。すみません(笑)」とユーモアあふれる率直な話しぶりでPR。「聞いていた話と違う」とユ・ジェソクを慌てさせていた。

2005年の「イ・ムンセのオアシス」以来、バラエティに出演しなかったのは、上手く話せないし、話すスピードも遅いからと言っていたが、そんなことを全く感じさせないほどユ・ジェソク、チョ・セホとテンポよく話を交わし、時には笑いも交えながら、正直な思いを語っていたチョ・スンウ。

2000年のデビュー作となる映画「春香伝」は、大学の教授に勧められてオーディションを受け、約1000人の中から選ばれたが、「20年経ったので正直に言うと」と前置きし、「21世紀にイ・モンニョン(チョ・スンウが演じた役)ってどういうこと?」と思っていたらしい。この作品で「カンヌ国際映画祭」に行ったときも、タキシードを準備していたのに、役のイメージそのままに韓服を着ることになり、「なぜこんなことをしなきゃいけないんだ?僕だってカッコよく決めたいのに…」と思ったそうで、宿泊先に戻ってから泣いたと冗談交じりに当時を振り返った。

その後、主演作の映画「ラブストーリー」、「マラソン」、「タチャ イカサマ師」などが紹介され、チョ・セホが「『タチャ』は10回以上見た」と言うと、「なんで?」と驚くチョ・スンウ。本人は公開されてから1度も見たことがなく、元々自分の作品は気恥ずかしくて見られないのだとか。テレビで放送されていると、チャンネルを回してしまうほどだという。

では、どうして俳優になったのか。子供の頃は野球と自転車が好きな恥ずかしがり屋の少年で、特に夢はなかったが、芸術高校に通っていたお姉さんが主人公を演じたミュージカルを見たとき、最後の曲を聴きながら涙があふれ、そこで俳優になることを決意したそうだ。チョ・スンウはカーテンコールでよく泣くことでも有名だが、拍手をする観客の瞳が全部見えていて、心臓が爆発しそうになるそうで、その喜びや感動は死ぬまで忘れないと語っていた。チョ・スンウは映像作品でも活躍しているが、ミュージカルに愛情を注いでいるワケがここにあったということだ。

今やミュージカル界ではトップスターだが、今でもステージは「怖い」と話すチョ・スンウ。2005年、初めて「ヘドウィグ」に出演したとき、膨大な量なので、セリフが飛んで頭が真っ白になったことがあるというエピソードも。他にも、15年も前にチ・ジニに買ってもらった自転車を1、2回乗っただけで盗まれてしまい、それをずっと言えずにいたと初告白したり、中1のときクラスメイトに告白して付き合ったが、内気で恥ずかしがり屋だったので、電話1本もかけることができず、中2でフラれたという淡い初恋の話も赤裸々に語った。

チョ・スンウの今の悩みは「どうしたら楽しく生きられるか」ということだという。30代中盤から、“自分の人生はどこにあるのか?”、“自分の喜びを舞台ではない、どの空間で見つければいいのか?”、“チョ・スンウという人間はなんだろ?”と考えるようになり、“演技を続けていけるだろうか”とさえ思ったこともあったそうだ。

ミュージカルに相次いで出演し、感情をあまりにも消耗したので自分を失い、抜け殻で演技をしていた時期も。あるとき、真剣なシーンで相手俳優が涙をボロボロ流しながら、目の前で演技をしているのに、“きょうのケータリングは何だろ?”ということが頭をよぎり、そんな自分にぞっとしたチョ・スンウは時間が必要だと考え、2か月休んだという。そのときに入ってきたのがドラマ「秘密の森〜深い闇の向こうに〜」。感情をほぼ失った役(ファン・シモク検事)だったので興味深かったし、今自分に必要な役ではないかと思い、胸が高鳴り始めたと明かした。

最後、「時空間を超え、伝えたい本当のメッセージは?」という問いに対し、チョ・スンウが選んだ相手は天国に行ってしまった愛犬。「昨年3月15日、『秘密の森』を撮影しているとき、パパの撮影を邪魔しないようにと静かに行ってしまったな」と思い出しながらウルウルし、「いつになるか分からないけれど、天国でまた会って、走り回って遊ぼう」と伝え、本物の涙を見せていたのが印象的だった。