総合編成チャンネルJTBC「パラドンパダ」が感性いっぱいアコースティックとバラード、エキサイティングなリズムで最後の夜を染めた。

3日放送される「パラドンパダ」では、パラドンBAR最後のライブ公演が繰り広げられる。

まず、「パラドンパダ」の1期音楽アルバイトROSEの最後のポップソングカバー曲が公開される予定だ。ROSEは「パラドンパダ」で公開した舞台で、世界的なシンガーソングライターでありギタリストのジョン・メイヤー(John Mayer)と米国のポップの伝説アリシア・キース(Alicia Keys)などのグローバルアーティストから絶賛を受けている。また、ROSEは毎回訴求力の強い音色で深い余韻を残し、「パラドンパダ」公式YouTubeチャンネルにアップロードされた画像は、数百万ビューを突破するほど話題になっている。

カバー曲だけでなく、作詞、作曲に直接参加した本人のソロタイトル曲「Gone」をアコースティックバージョンで披露する。特にこの日、ROSEは「Gone」発売以来、観客の前で歌う初のライブ舞台であるだけに震える心を隠すことができなかった。彼女は「このように人の前で歌うのは初めて。意味深い瞬間になりそうだ」と感想を明らかにした。

また、ROSEは「私が子供の頃から大好きな曲」と「記憶を歩く時間」を選曲して曲序盤から耳をひきつける甘いピアノ演奏で舞台を導き、特有の神秘的なボイスで、観客の感性を刺激した。

アコースティックな歌からバラード舞台まで「パラドンパダ」のライブは、引き続き行われた。オンユは「僕だけのスタイルで淡泊に解釈した」と90年代の代表名曲「あなたの後ろで」を選曲した。原曲がパク・チニョンの切ない感性が引き立っていたが、オンユは美しいピアノの旋律に合わせて歌い、原曲とはまた違う感動をもたらした。

もう一つの公演は叙情的なメロディで愛される男女代表デュエット曲キム・ヒョンチョル、イ・ソラの「君の中のブルー」を再解釈したユン・ジョンシン、オンユ、イ・スヒョンの舞台。三人の音色と感性が完全にハーモニーに調和し、聞く人々の心を捕らえた。

一方、パラドンBARでの最後のライブ公演なだけに、一緒に楽しむことができる曲も光を放った。楽しいリズムのユン・ジョンシンの曲に一緒にしたROSE、イ・スヒョンは即座に「ダンス姉妹」を結成、エネルギーあふれるダンスを披露し、観客を集中させた。