※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

ドラマ「月が浮かぶ川」のメイキング風景。動画最初から3:04まで。
まずは、宮殿でファン・ヨンヒとナ・インウ、キム・ソヒョン、キム・ボムレが4人揃ってにこやかに話している。
「この雰囲気がつらいんでしょ?」とからかわれ「違いますよ」と笑うナ・インウ。すると監督が「昨日のメイキング映像見たんだけどさ、インウはちょっと生意気に見えたぞ」と言う。

そのままオンダルとピョンガンがキスをするシーンのリハーサルへ。
オンダルにキスをするピョンガンだが、そんなピョンガンの体を引き離すオンダル。しかし、キスシーンでキム・ソヒョンが手の位置を迷い、監督が「ぎゅっと抱きしめた方がいいな」と指示を出す。
ナ・インウは演技を続けながら、笑う。振られるキム・ソヒョンがわざと怒った様子を表現し、笑う。通しで動きの確認をし、監督とも相談。 「なんか断られるのって悲しいね」とつぶやくキム・ソヒョン。


次は野外で甲冑を着ているシーン。
ここではイ・ジフンが登場。メイキングカメラにポーズをとるキム・ソヒョンが可愛らしい。そしてコ・ゴンとピョンガンが刀を交えるシーン。「2人が会いました!さぁ、もっと近づいて!」と監督が指示を飛ばす。

続いて、キム・ボブレとキム・ソヒョンらの場面。シリアスなシーンだがセリフが詰まってNGに。キム・ソヒョンはカメラ側で待機していたが、角度やタイミングを見て映るように登場し、敵を切る。


●韓国ネットユーザーの反応●

「この若手2人の共演をまた見たい」
「もうすぐドラマが終わっていくなんて悲しい」
「キム・ソヒョンはいつも笑顔で癒される」
「キム・ソヒョンがかわいい」
「現場の雰囲気が楽しそう」


●あらすじ●

「月が浮かぶ川」でイ・ジフンとイ・ヘヨンが高句麗を掌握するため、兵士たちを起こしキム・ソヒョンとナ・インウが危機に陥った。

5日に韓国でKBS 2TV月火ドラマ「月が浮かぶ川」が放送された。

同日、ピョンガン(キム・ソヒョン)はオンダル(ナ・インウ)とともにコ・ウォンピョ(イ・ヘヨン)とジン妃(ワン・ビンナ)の密会を目撃し、現場でこれを狙撃した。その上信頼していたコンソン(キム・ジョンヨン)の裏切りまで知ったピョンガン。オンダルは気持ちが複雑になったピョンガンに「僕を利用してもいい。だが僕ではなく他の人を傷つけても、君が傷つけられることもするな」と励ました。ピョンガンは「足を踏み入れる先々で危険な状況になり、誰が敵なのか友だちなのかも分からない」と至難な姿を見せた。

コ・ゴン(イ・ジフン)はヘ・モヨン(チェ・ユファ)を訪ね、コ・ウォンピョは息子のコ・ゴンを呼び、「今日付で兵権をお前に譲る」と兵権を渡した。ジン妃は宮殿から追い出され、コ・ウォンピョだけが残り状況を見守った。

宮殿でピョンガンがコ・ウォンピョを次第に圧迫していった。父親であるピョンウォン王(キム・ボムレ)は、「ひとしきり風が吹くだろう、コ・ウォンピョが刀を研いでいるだろう」とピョンガンを心配したが、ピョンガンは「ひとつずつ取り除いて行く、順に取り除いていく」と、強靭な面貌を見せた。

翌日ピョンガンはヘ・モヨンを呼びつけた。この姿をコ・ゴンが後ろから見守った。ピョンガンはヘ・モヨンに「コ・ウォンピョの命令通りになり、ある時は私の願いを聞き入れ、あなたは一体誰の味方なのか?」と尋ねた。

ヘ・モヨンは「今さらお聞きになるとは。私は姫様の側だ」と述べるもピョンガンはトゥ・ジュンソが誰なのかすでに知っていたヘ・モヨンを皮肉りながら、「トゥ・ジュンソを宮殿に入れたのはあなたの企み、正体を知っていたにも関わらず入れたことだ」とし、「ずっと私を欺くつもりなのか、あなたの正体を正直に告げろ」と尋ねた。

その日の夜、コ・ウォンピョとコ・ゴンは兵士たちを集めた。コ・ウォンピョはコ・ゴンに「成功すれば王の座にお前を就かせる」とし、コ・ゴンはさらに忠誠を誓った。翌日ピョンガンとオンダルはコ・ウォンピョが兵士を起こした事実を知り、オンダルがこれを防ぐために先頭に立った。