バンド「DAY6」のYoung Kがソロデビューアルバムのビジュアルを初公開した。

所属事務所JYPエンターテインメントは30日、Young Kの初のミニアルバム「Eternal」のコンセプトイメージ3枚を公開した。

写真の中のYoung Kは、ソロアーティストとして、グループのときとはまた違った雰囲気を漂わせ、視線を集めた。暗闇と対比をなす金髪、感性的な目つきなどで存在感を放った。特にライトに照らされて、マイクの前で目を閉じ集中する姿を通じて、音楽に対する真摯な一面を感じることができる。

Young Kは初のソロアルバムのため、音楽的な真剣さをこめたタイトル曲「最後まで抱きしめてあげる」と、淡泊な魅力を込めたサブタイトル曲「そのまま来てください」を準備した。2曲は「絶対的な自分の味方が出来たような心強さ」という意味を持つ。

2015年9月にバンド「DAY6」でデビューしたYoung Kは、優れたボーカル、楽器演奏の実力はもちろん、毎回アルバムの作詞、作曲に参加してきた。彼は初のソロアルバムでも全曲作詞、作曲をおこない、デビューから6年間しっかりと積み上げてきた音楽的成長を聞かせてくれる予定だ。

「Eternal」は9月6日午後6時に発売される。