日韓ガールズグループ「IZ*ONE」の元メンバー、宮脇咲良(23)が27日に韓国入りし、その動向と日程に注目が集まっている。

 そんな中、宮脇は30日、自身のSNSに韓国料理「タッカンマリ」(鶏を丸ごと煮込んだ鍋料理)の写真を投稿。特に“じゃがいも”に感激したようすがつづられていた。

 宮脇が“じゃがいも好き”であることは韓国ファンの間でも知られているようで、「じゃがいもが食べたくてカムジャタン(豚の背骨とジャガイモを煮込んだ鍋料理)を注文したのにじゃがいもがなかった」とのエピソードでファンを沸かせたことがある。

 彼女はこの日、タッカンマリを公開し韓国語で「久しぶりだね、じゃがいもよTT」と感想を伝えた。

 これに韓国ネットユーザーたちは「あ〜可愛すぎる」、「じゃがいもが本当に好きなんだね」、「日本人はタッカンマリが大好物だ」、「韓国語が上手」などの反応を見せた。

 一方、宮脇は「IZ*ONE」として日韓のみならず海外の舞台でも活躍。4月28日にプロジェクトが終了しグループが解散すると、日本での活動に専念し、6月に自身が所属していた「HKT48」を卒業した。「BTS(防弾少年団)」が所属するHYBEとの契約が有力視されており、韓国入りしたばかりの彼女から目が離せない状況だ。