韓国男性バンド「N.Flying」のメンバーイ・スンヒョプ、ユ・フェスン、ソ・ドンソンが新型コロナウイルス感染症に感染したことがわかった。

 3日、「N.Flying」の所属事務所FNCエンターテインメントは「イ・スンヒョプ、ユ・フェスン、ソ・ドンソンがこの日、新型コロナウイルス感染判定を受けた」と発表した。


以下、FNCエンターテインメントの公式立場全文。

FNCエンターテインメントです。
所属アーティストN.Flyingのイ・スンヒョプ、ユ・フェスン、ソ・ドンソンが本日(3日)、新型コロナウイルス感染判定を受けました。

イ・スンヒョプ、ユ・フェスン、ソ・ドンソンはコンディションの異常症状で去る2日に自己検査キットを実施し、いずれも陽性判定を受けたため、直ちにPCR検査を行いました。その結果、本日(3日)イ・スンヒョプ、ユ・フェスン、ソ・ドンソンの新型コロナウイルス感染判定を受けました。

この他のメンバーのキム・ジェヒョン、チャ・フンは自己検査キットの結果、陰性判定を受けましたが、直ちにPCR検査を行い、結果を待っているところです。

現在、イ・スンヒョプ、ユ・フェスン、ソ・ドンソンは防疫当局の指針に従い、自主隔離及び必要な措置を取っており、キム・ジェヒョン、チャ・フンも予定されていたすべてのスケジュールを直ちに中断し、自主隔離に入る予定です。

さらにメンバーと動線が重なったスタッフらにもこの事実を知らせており、関係者も検査を進めているところです。

当社はアーティストとスタッフの健康と安全を最優先に考慮し、アーティストの早い回復のために最善を尽くす予定です。多くの方々にご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます。防疫当局の要請や指針にも誠実に協力いたします。