21世紀のポップアイコン「BTS(防弾少年団)」が10日午後12時45分に公開されるYouTubeのオリジナルウィークリーミュージックショー「RELEASED」のスペシャルエピソードに出演する。

今回のエピソードで「BTS(防弾少年団)」は「コールドプレイ」のフロントマン、クリス・マーティンと一緒にYouTubeショートで行われた「Permission to Dance Challenge」の話に加え、世界的なミュージシャンとしての経験を互いに共有する予定だ。また今回のスペシャルエピソードでは、韓国、米国、インド、ロシア、イギリスなど世界の「BTS(防弾少年団)」ファンが制作したチャレンジショート映像の一部も公開する。

「BTS(防弾少年団)」は、7月23日から3週間「Permission to Dance Challenge」を開催し、全世界のファンが「Permission to Dance」のミュージックビデオに登場した「楽しい」、「踊る」、「平和」を意味する国際手話を活用した振り付けを自分だけのスタイルに合わせて、15秒のYouTubeショート動画で披露している。「BTS(防弾少年団)」は最近、米国の週刊誌ピープルとのインタビューで、今回のチャレンジについて「国際手話の動作を含むおかげで、以前は届かなかったより多くの観客に私たちの音楽のポジティブなエネルギーを伝えることができた」と所感を伝えた。

「BTS(防弾少年団)」は、「RELEASED」スペシャルエピソードに続いて「Permission to Dance」ショートチャレンジバージョンのミュージックビデオも初公開する。「BTS(防弾少年団)」は、これにより、全世界の音楽ファンを繋げた今回のチャレンジの参加作の一部を紹介し、音楽やダンスを通じて皆が一つになれるというメッセージを伝える計画だ。「BTS(防弾少年団)」は、米国のオンラインメディア「BuzzFeed」とのインタビューでコンピレーションに含まれるショート映像を選定することについて、「人々が『Permission to Dance』の振り付けに自分の好みと感覚をどのように加えるか気になる。実際に人が私たちの音楽に合わせてダンスを踊って楽しんでいる姿を見るだけでも、本当に幸せだ」と所感を伝えた。

「BTS(防弾少年団)」が出演するYouTubeオリジナル「RELEASED」スペシャルエピソードは10日午後12時45分「BTS(防弾少年団)」公式YouTubeチャンネルで確認することができ、午後1時には「Permission to Dance」ショートチャレンジバージョンのミュージックビデオが初公開される。

「RELEASED」は毎週木曜日の午後11時45分(米国東部時間)に放映されるYouTubeウィークリーミュージックショーで、世界のトップアーティストが新曲を発表する直前の話を扱う。様々なアーティストたちの新しい音楽とニュースをはじめ、全世界のファンと一緒に初公開を見守る。