人気バンド「DAY6」のメンバーYoung Kがアルバムの準備過程で周りのサポートについて振り返った。

9日午後、Young Kの1stミニアルバム「Eternal」の発売を記念したオンライン記者懇談会が開催された。

同日、Young Kは1stソロミニアルバムの発売を目前に、所属事務所の代表を務めるJ.Y.Park(パク・チニョン)について「パク・チニョンPD(プロデューサー)は『お疲れさま』と、さらには『ソロデビューおめでとう』と言ってくださった」とし、「直々にお会いすることになれば、アドバイスや評価をもっといただけるのでは」と伝えた。

また「DAY6」のメンバーたちも自身の力になったとし、「メンバーたちがMVの撮影現場に来て応援してくれたが、照れくさくもあり心強かった」と恥ずかしげにグループに対する愛情を示した。

Young Kはことし10月の軍入隊を控えて、無限の愛を送ってくれるファンたちのために「永遠に歌いたい」という気持ちを込めてソロとして初のミニアルバムを完成した。すべての瞬間を世の中が聴けるように、すべての話が完全に世の中を満たせるように歌うという意気込みだ。

一方、「Eternal」は同日午後6時に発売された。