「Stray Kids」が2週連続で週間K-POP RADARチャート1位の栄光を手にした。

 「Stray Kids」の新曲「Thunderous」のミュージックビデオが、K-POP RADAR36週目の集計期間中(8月29日〜9月4日)、再生回数1864万回を記録し、発売2週目にも冷めやらぬ人気を見せた。

 実際に「Thunderous」は、発売わずか6日と21時間あまりで再生回数5000万回を達成し、前作の「Back Door」の記録を約2.2倍のはやさで縮めた。さらに、「神メニュー」が持っていた再生回数5000万回の最短記録、約100時間をも縮め、自身最短記録を更新した。

 K-POP RADARが分析した「Stray Kids」の国別YouTube再生回数によると、去る1週間、「Stray Kids」は約6590万回再生されていた。このうち、メキシコが8.6%で最も高い割合を記録し、インドネシア7.6%、アメリカ7.3%、日本6.3%、フィリピン5.0%の順で続いた。

 この状況で韓国の割合は2.9%で集計された。去る活動期間当時の韓国の再生回数が1.3%であることから、韓国の割合が2倍以上増えたことになる。

 これにK-POP RADAR側は、「Mnetの『KINGDOM:レジェンダリー・ウォー』の放送後、韓国国内での認知度がやはりしっかりと高まっている。」とし、「グローバルはもちろん、韓国のK-POPファンまでつかむ、代表的な第4世代のアーティスト」と伝えた。

 今回36週目のファンチャートでは、グローバルトップアーティスト「BTS」がツイッターとSpotifyのフォロワーチャートでそれぞれ25万人、30万人とフォロワーが増え、1位となった。続いてインスタグラムのチャートでは9月のソロアルバム発売を控えている「BLACKPINK」のメンバー、リサが、フォロワー43万人増加により、1位を獲得した。