韓国の男性グループ「BTS(防弾少年団)」の楽曲「FAKE LOVE」のミュージックビデオが再生数10億回を記録した。

 「FAKE LOVE」は「BTS」が2018年5月に発売した3rdアルバム「LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’」のタイトル曲。今月8日午前8時39分、ユーチューブで公開されている同曲の公式ミュージックビデオの再生数が10億回を超えた。

 これにより「FAKE LOVE」は、再生数13億回を記録した「DNA」「Boy With Luv」、12億回を記録した「Dynamite」、10億回を記録した「MIC Drop(Steve Aoki Remix)」に続き、ミュージックビデオ再生数10億回を超えた5曲目の「BTS」の楽曲となった。

 「FAKE LOVE」はビルボードのシングルチャート「Hot 100」で最高10位となるなど、6週連続で同チャートにランクイン。アルバム「LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’」は、韓国の歌手が発表したアルバムとして初めてビルボードのアルバムチャート「Billboard 200」で1位となり、さらに15週連続で同チャートにランクインして世界的な注目を集めた。

 偽りの愛、そして別れ。そんな重苦しい気持ちを表現した楽曲「FAKE LOVE」のミュージックビデオは、華麗なセットを行き来しながらメンバー7人が見せる力強いパフォーマンスと、洗練された映像処理が印象的な作品だ。