グループ「BTS(防弾少年団)」の「Butter」が米国ビルボード「ホット100」1位を再奪還した。 「Butter」はまた、「ソング・オブ・ザ・サマー」チャート1位に上がって2021年最高の夏の曲に選ばれた。

アメリカの音楽専門メディアビルボードが8日(現地時間)に発表した最新のチャート(9月11日)によると、「Butter」は、メインシングルチャート「ホット100」を逆走し、再び1位に上がった。 「Butter」は、6月5日付のチャートに1位で新規参入して以来、7週連続1位を守ったことがあり、発売15週目に1位に復帰し、通算10回1位を制覇した。今年「ホット100」チャート最多1位記録を自己更新した「Butter」は、ビルボード63年の歴史の中で10週以上1位を占めた40枚目のシングルに記録された。

先月27日に発表されたミーガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion)のフィーチャリングが込められた「Butter」のリミックス音源は、全世界200以上の国/地域のストリーミングと販売量を集計して順位を発表する「ビルボードグローバル200」と「ビルボードグローバル(米国を除く)」のチャートで並んで3位にランクインした。

「BTS(防弾少年団)」の「Butter」はこれと共に、ストリーミングラジオ放送回数、音源販売量を総合して集計する「ソング・オブ・ザ・サマー」で12週連続(6月26日〜9月11日付のチャート)1位の座を守り、2021年「ソング・オブ・ザ・サマー」になった。ビルボードは、毎年「ソング・オブ・ザ・サマー」を発表するが、歴代1位に上がった曲では、ルイス・フォンシ(Luis Fonsi)、ダディー・ヤンキー(Daddy Yankee)、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の「Despacito」、カーリー・レイ・ジェプセン(Carly Rae Jepsen)の「Call Me Maybe」、リアーナ(Rihanna)、ジェイZ(Jay Z)の「Umbrella」などがある。

「BTS(防弾少年団)」が昨年2月に発表した4thアルバム「MAP OF THE SOUL:7」は、メインのアルバムチャートである「ビルボード200」で128位を占めて80週目のチャートインを維持した。