グループ「BTS(防弾少年団)」は、YouTubeショートで行われた「Permission to Dance Challenge」バージョンのミュージックビデオを全世界に同時公開した。

「BTS(防弾少年団)」は10日、YouTubeオリジナルミュージックショー「RELEASED」スペシャルエピソードに出演した。バンド「コールドプレイ」のフロントマン、クリス・マーティンが進行を務め、「BTS(防弾少年団)」と「Permission to Dance Challenge」の話をはじめ、グローバルミュージシャンとしての経験や感情を共有した。

クリス・マーティンは、「BTS(防弾少年団)」の「Permission to Dance Challenge」について「コロナ禍の状況で、多くの人々に喜びをもたらしたことに意味がある。簡単ではない状況なのに、皆さんに愛と敬意を感じる」と述べた。

「Permission to Dance Challenge」は、「BTS(防弾少年団)」の「Permission to Dance」のミュージックビデオの中の「楽しい」、「踊る」、「平和」を意味する国際手話を活用した振り付けを自分のスタイルで15秒のYouTubeショート動画にして公開する「グローバルダンスチャレンジ」で、7月23日〜8月14日に行われた。

「BTS(防弾少年団)」は、「RELEASED」スペシャルエピソードで「全世界で多くの方々がチャレンジに参加してくださった」とし、「このチャレンジをしながら人々に前向きなメッセージを与えようという理由もあったが、私どもも参加してくれた方の姿を見ながら感謝を感じ、癒しと前向きなエネルギーを受けた」とし、世界の人々との「双方向」の共鳴が与える感動を伝えた。

また、この日のスペシャルエピソードでは、一部の参加者の映像との特別な話も公開された。「BTS(防弾少年団)」とクリス・マーティンは、アメリカ、イギリス、韓国、ロシア、インドなどでチャレンジに参加したファンとインタビュー映像を見ながら詳しい話を交わした。

「Permission to Dance」ショートチャレンジバージョンのミュージックビデオはこの日の午後1時に公開された。軽快なメロディーと一緒にチャレンジに参加した全世界の人々の個性あふれる姿が続いた。

「BTS(防弾少年団)」は「Permission to Dance」で一つになった世界の人々のチャレンジで新しいミュージックビデオを制作、全世界に前向きなエネルギーを伝えた。