「BLACKPINK」のデビュー曲「WHISTLE」のミュージックビデオが7億回を突破した。

12日、所属事務所YGエンターテインメントによると、「BLACKPINK」の「WHISTLE」のミュージックビデオはこの日午前8時53分頃、YouTube再生回数7億回を超えたという。

これで、「BLACKPINK」は「WHISTLE」をはじめ、「DDU-DU DDU-DU」(16億回)、「Kill This Love」(13億回)、「BOOMBAYAH」(12億回)、「AS IF IT’S YOUR LAST」(10億回)、「How You Like That」(MV9億回、振付映像8億回)、JENNIE(ジェニー)のソロ曲「SOLO」まで7億回以上のミュージックビデオを全8作保有することになった。

「WHISTLE」はデビューシングル「SQUARE ONE」のダブルタイトル曲の一つだ。ミュージックビデオはカラフルでスタイリッシュな映像美が注目され、メンバーたちの華やかなビジュアルと独特なメロディーラインが、グローバル音楽ファンを魅了した。

この曲は音源がリリースされるや、韓国国内の主要音源サイトのリアルタイム、デイリー、週間チャート1位を総なめにし、16日連続1位を記録。また、当時の新人としては異例の海外14カ国のiTunesで1位を獲得した。

全29作の億超え映像を保有している「BLACKPINK」のYouTubeチャンネル登録者数は現在6600万人以上。LISA(リサ)のソロシングル発表後、チャンネル登録者が爆発的に増加し、全世界のアーティストで1位となった。チャンネルが開設されてから約5年3か月目での大記録だ。

なお、10日午後1時に公開されたLISAのソロシングルのタイトル曲「LALISA」のミュージックビデオは現在、1億回に迫り、K-POPソロアーティスト最短1億回突破が確実視されている。また、音源はリリース初日、全60カ国のiTunesソングチャートでトップになった後、1位の地域を65カ国に拡大した。