ガールズグループ「BLACKPINK」のLISAがソロアルバムを発売して注目を浴びる中、グループとしてのグローバルチャートも相次いで好成績を記録している。

13日、YGエンターテインメントによると、「BLACKPINK」のヒット曲「How You Like That」は、前日、世界最大の音源プラットフォームSpotifyでストリーミング5億回を突破した。公開から約1年3か月で達成し、K-POPガールズグループ初の大記録だ。

「BLACKPINK」は今までにSpotifyで数億単位のストリーミングを記録した曲を17曲保持している。これまで「DDU-DU DDU-DU」が「BLACKPINK」の最多ストリーミング曲だったが、急速にすべての記録を更新した「How You Like That」がついにバトンタッチをした。Spotifyは、米国ビルボード、英国オフィシャルチャートにも影響を与える音源ストリーミングサービスだ。

「BLACKPINK」は今回のLISAのソロデビューをきっかけに、さらに人気を集めている。LISAのソロアルバムのリリース(10日)前後で「BLACKPINK」のYouTubeチャンネル登録者数は一気に140万人近く増え、現在6630万人以上となった。これにより、「BLACKPINK」はポップスターのジャスティンビーバーを超えて、世界で最も多くのYouTubeの登録者数を保有しているアーティストになった。

また、LISAのタイトル曲「LALISA」のミュージックビデオがK-POPソロアーティスト最短記録である2日で1億ビューを記録したタイミングで「BLACKPINK」のデビュー曲「WHISTLE」が、YouTubeで7億ビューを突破し、その他のミュージックビデオも普段より急速に視聴回数が伸びている。

各種グローバルチャートでも著しい成果が期待される。「LALISA」の音源は、累積66カ国のiTunesソングチャートで1位に輝き、ワールドワイドチャートのトップを占めた。また、Spotifyでは発売初日に15位を記録した。