ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」が米国ビルボードチャートで引続き人気を誇示している。

アメリカの音楽専門メディアのビルボードが14日(現地時間)に発表した最新のチャート(9月18日付)によると、「Butter」は、ビルボードのメインシングルチャートである「HOT 100」で17位に浮上し、16週連続で「HOT 100」チャート入りを維持した。

ことし6月5日付のチャートでは、チャート入りと同時に1位を記録し、7週連続1位を獲得するなど、通算10回1位を記録し、“2021年HOT 100最多の1位曲”というタイトルを保持している。

「Butter」はビルボードの他のチャートでも変わらぬ人気を誇っている。「デジタルソングセールス」チャートでは、通算15回目の1位を記録し、「ポップエアープレイ」では26位、「カナディアンデジタルソングセールス」では29位、「カナディアンホットAC」では22位を記録した。

「BTS」は、世界200以上の国・地域のストリーミングと販売量を集計して順位を発表する「ビルボードグローバル200」と「ビルボードグローバル(米国を除く)」のチャートにもそれぞれ3曲が名を連ねた。「ビルボードグローバル200」チャートでは「Butter」が21位、「Permission to Dance」が46位、「Dynamite」が55位を占めており、ビルボードグローバル(米国を除く)」のチャートでは、「Butter」が6位、「 Permission to Dance」が20位、「Dynamite」が39位に浮上した。

「BTS」が昨年2月に発表した4thアルバム「MAP OF THE SOUL:7」は、ビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」チャート(9月18日付)で138位を記録し、81週連続のチャート入りを成功させた。