日韓合作11人組グループ「NIK(ニック)」の個人ティザーイメージが公開された。

 15日午後、「NIK」公式SNSを通してオープンされたティザーイメージには、「NIK」の日本人メンバーであるリュウタ、フミヤ、タイチ、リョウ、ヒナタの魅力が盛り込まれたブラックトーンのファッションとスタイリングを通してシックなビジュアルと個性を披露し、ファンの視線を集めている。

 グループのボーカルを担うリュウタとラッパーのリョウは、昨年日本で放映された「PRODUCE 101 JAPAN」に出演し、高い実力で視聴者を魅了。また、グループのパフォーマンスをリードするフミヤは、日本で多数のダンス大会に出場し優勝した実力者で、ダンス創作能力も兼ね備えている。ジェジュン(JYJ)やD-LITE(BIGBANG)、「SHINee」、「BTS(防弾少年団)」などのダンサーとして活動していた。タイチはavex主催の「Avex artist academy」イベント大会で自身が創作したラップで特別賞を受賞し、実力が認められた。ボーカルとパフォーマンスの両方で高いレベルの実力を持つヒナタは日本の人気タレント・俳優を多数輩出している「ジュノンスーパーボーイ」で結成されたジュノンボーイ公式音楽ユニット「JUNON SUPERBOY ANOTHERS・TEAM YOUTH」のメンバーとして活動。すでに日本で注目を浴びているメンバーだ。

 一方、「NIK」は日韓オーディションサバイバル番組「G-EGG」を通して結成された11人組ボーイズグループで、日本人メンバー5人と韓国人メンバー6人で構成。長いトレーニング期間を通じてメンバー全員が高い歌唱力とラップ、パフォーマンス能力を兼ね備えている。来る27日、デビューアルバムをリリースし、本格的な活動に入る。