トレーラーハウスで旅に出るtvNの人気リアリティ「車輪のついた家」。新シーズンの3には俳優のソン・ドンイル、キム・ヒウォンに加え、末っ子の新レギュラーとしてコンミョンが出演することが発表され、10月放送予定だが、それに先駆け、スピンオフの「お貸しします 車輪のついた家」が9月13日(月)からスタートした。

出演するのは、映画「海賊:鬼旗」のキャストだ。最近は映画のプロモーションをするのに、俳優たちがよくバラエティに出演しており、同じtvNならナ・ヨンソクPDの「出張十五夜」もある。チャ・スンウォン主演の「シンクホール」チームが、「出張十五夜スペシャル」に出演し、映画をPRしたことがあるが、今回はすでにある番組にゲストとして出るのではなく、自分たちだけのリアリティで、しかも全3話制作というスケールの大きさを感じさせる。

「お貸しします 車輪のついた家」はソン・ドンイルとキム・ヒウォンにトレーラーハウスの鍵を借り、そこで自炊をしながらのんびりとしたひと時を過ごすコンセプト。「車輪のついた家」と基本的に同じで、違うのはそこにソン・ドンイルとキム・ヒウォンがいないので、自分たちで全てやらなくてはいけないということだ。

この日放送された第1話は、すでにトレーラーハウスが設置されているところに、ハン・ヒョジュ、カン・ハヌル、イ・グァンスが登場。すでに映画の撮影で仲を深めているだけあって、会話のやり取りが見ていて面白い。ハン・ヒョジュが、映画の撮影がとても楽しくて、遊びに行くような気分だったぐらい、現場の雰囲気が良かったので、撮影が終わったときに名残惜しくて泣いたらしいが、いわゆる共演者同士の“ケミ(相性、コンビネーション)”が最高なのだ。

それに、イ・グァンスは「ランニングマン」(SBS)に11年も出演し、「出張十五夜スペシャル」でもチャ・スンウォンと楽しい掛け合いを見せているし、よく笑うカン・ハヌルは「トラベラー」(JTBC)アルゼンチン編でリアリティ番組は経験済み。ハン・ヒョジュもイ・スンギの「ソウルの田舎者」(tvN)や「出張十五夜」BH編で飾らない姿を見せるなど、バラエティでも魅力を発揮してきた3人なので、安定感が抜群だった。

映画の撮影が終わってから約半年ぶりの再会という嬉しさもあったようで、3人のはしゃぐ姿が随所に見られた。特に、マイペースなハン・ヒョジュに振り回されるカン・ハヌルとイ・グァンスという構図が面白かった。バッタを見つけて追いかけるハン・ヒョジュに、カン・ハヌルとイ・グァンスも付き合い、3人で包囲網を作り、捕まえようとしたり、買い出しリストを決めているとき、ハン・ヒョジュが料理に必要だというエビの塩辛にこだわり、何度も連呼するので、カン・ハヌルとイ・グァンスはスーパーに着いたとき真っ先に探しに行ったり。

さらに、車中ではトウモロコシの販売所を見つけたハン・ヒョジュが「トウモロコシでも食べる?」と聞き、イ・グァンスが「いい、大丈夫」と答えたが、その数分後、「トウモロコシ買えばよかったかな」と独り言のようにつぶやき、「トウモロコシ、おいしそうじゃなかった?」と未練タラタラ。そうしているうちに、またトウモロコシの販売所を見つけ、今度は「トウモロコシ、買ってあげようか?」と聞いてくるハン・ヒョジュに、「大丈夫だって何度も言ってるのに」、「本当は自分が食べたいんじゃない?」と戸惑い苦笑いするイ・グァンスとカン・ハヌル。

結局、2人はまたトウモロコシの販売所を見つけたら、次は買おうと決めるも、ハン・ヒョジュが「もうなさそう」と諦めムードで「トウモロコシは間食なのに」と言うので、最初に聞かれたとき、「食べる」と答えれば良かったと後悔(笑)。「絶対に見つけますから」と使命感に燃えるカン・ハヌルが無事に見つけ、トウモロコシをゲットしたのだった。

このハン・ヒョジュの“本心がよく分からない”言い回しは、ハン・ヒョジュが「ソウルの田舎者」に出演したとき、清州の人の特徴として言っていたことだ。実際にそのやり取りがここで見られ、絶妙な面白さだった。

かと思えば、キャンプに慣れていないカン・ハヌルとイ・グァンスにハン・ヒョジュが振り回される場面も。2人がやっとのことでエアーソファを膨らましたが、ハン・ヒョジュが座った瞬間、ペシャッとつぶれ、ひっくり返ってしまったり、タープテント設営でも手が足りないとハン・ヒョジュが呼ばれたが、結局やり方が分からず、右往左往するだけでらちが明かないので、ハン・ヒョジュの言う通り、2人がソン・ドンイルに電話をしてやり方を聞くというコントのような笑いにあふれるシーンもたくさんあった。

その後、タープテント設営中にキム・ソンオとパク・ジファンも合流。ハン・ヒョジュが作ったカレーとコングクス(豆乳そうめん)でランチタイムとなった。カレーにはリンゴを入れたり、コングクスの麺を茹でるとき、差し水をしたり、ハン・ヒョジュのひと工夫された料理を全員がおいしそうにモリモリと食べた後、水遊びを楽しむため渓谷に向かった一行。その間、誰もいないトレーラーハウスにチェ・スビン、セフン(EXO)、キム・ギドゥ、最後にクォン・サンウまで到着したところで第1話は終わった。

この日の放送は視聴率2.7%(ニールセンコリア調べ)。前枠の女優キム・ヒソン、KAI(EXO)らが出演した「牛島(ウド)居酒屋(邦題:ハネムーンゲストハウス)」は初回2.6%でスタートしたが、徐々に下降し、最終回は1.8%で終わったことを考えると、順調な滑り出しだ。しかも、次回からようやく全員が揃い、“完全体”でのわちゃわちゃとした様子が公開に。やはりリアリティ番組は、出演者同士の“ケミ”が一番の見どころなのだと改めて思わされた。