「BLACKPINK」のYouTubeの億台再生の勢いがミュージックビデオだけでなく、ダンス動画でも続いている。

19日、YGエンターテインメントによると、「Kill This Love」のダンス動画の再生回数が午前0時5分頃にYouTubeで4億回を突破した。

併せて「Kill This Love」のミュージックビデオも14億回再生までおよそ480万回となっており、冷めない人気が分かる。

「Kill This Love」は散弾銃を撃つような動作など中毒性のある振り付けで「BLACKPINK」の強烈でスカッとする魅力を加え、世界中のファンを魅了した。

この歌は2019年4月リリース初週にアメリカ「billboard」のメインチャートであるHOT100とbillboard20において、それぞれ41位と24位にチャートインし、当時K-POPのガールグループで最高ランクを更新した。

また、アメリカiTunesソングチャートで1位を占めたが、これはK-POPガールグループ初であり、世界中の女性グループを含めて15年ぶりの快挙となり意味あるものとなった。

「BLACKPINK」は、YouTube内のK-POPガールグループのミュージックビデオ最多再生記録を(16億9600万回)を持つ「DDU-DU DDU-DU」をはじめ、全30編の億台再生の動画を持っている。

特にYouTubeチャンネルの購読者数が恐ろしいほどに急増しており、今月10日、LISAのソロアルバム「LALISA」が発表され、グローバルチャートを席巻し勢いが加わった。

実際LISAのソロデビュー後「BLACKPINK」のYouTubeチャンネル登録者数は200万人近く増え、現在6680万人以上。全世界の男女アーティストの中で1位だ。

「BLACKPINK」はグループとソロを問わず、様々な記録を更新中である。LISAのタイトル曲「LALISA」のミュージックビデオは、公開から24時間後に7360万回を記録、「ソロアーティスト世界最高」のタイトルを得た。そして2日目に1億回を達成、K-POPソロアーティスト最短記録を作成したのち、2億回に向けて急速に再生回数を伸ばしている。