グループ「BTS(防弾少年団)」のメンバーJ-HOPEが意味深い瞬間をカメラに残した。

21日、J-HOPEは「BTS(防弾少年団)」公式ツイッターに「ウェルカムジェネレーション(Welcome Generation)」という文と一緒に2枚の写真を掲載した。

公開された写真には国連総会に出席した彼の姿が入れられた。J-HOPEが属する「BTS」は20日(現地時間)、米国ニューヨークで開かれた国連総会に「未来世代と文化のための大統領特別使節」として参加した。彼らはスピーチを通じて全世界の青年たちを代弁し、映像で「Permission to Dance」のパフォーマンスも披露した。

J-HOPEは「SDGモーメント」開会セッションに出入りするためのIDカードと出入証などを首にかけている。カリスマあふれる目つきで記念撮影をしてARMY(ファン)の心を奪ったJ-HOPEだ。

一方、J-HOPEはこの日行われた国連総会演説で「私たちはできることをしている。『BTS』7人すべて新型コロナウイルスのワクチンを打った」と明らかにした。「BTS」は、この時代の青年たちを「ウェルカムジェネレーション」と称し、近づく新しい世界で誰もが「ウェルカム」というあいさつを交わすことを望むと希望を伝えた。