ガールズグループ「OH MY GIRL」のスンヒが“悪魔の編集”によって傷ついた黒歴史について語った。

22日放送されるKBS Joy「失恋博物館」18話には、グループ「OH MY GIRL」のメンバー、スンヒが登場する。この日、スンヒはいつのまにかアイドル7年目になったことを明らかにし、「過去6年間、様々な番組でこの話をしたが、全て編集されてしまった」と話し始めた。

スンヒは、「私が15歳の頃にあるオーディション番組に出演した。その時、オク・ジュヒョン先輩から『野球場で国歌を歌うと思ってステージに立って見せて』と言われ、元気あふれる歌を歌ったのに、前の説明部分が抜けて放送されてしまった」と説明した。

スンヒは、「12年前の映像だが、未だに言及されることがある。学校でからかわれたりもした」とし、当時傷ついた経験を吐露した。

ソン・シギョンが「まだ悔しい思いが残っているか?」と問いかけると、スンヒは「いいえ。今は何とも思わない」と答えたが、「まだわだかまりが残っている」と加えた。

「失恋博物館」18話は22日夜10時に放送される。