<「カンテク〜運命の愛〜」OST、今日の1曲>
※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回も「カンテク〜運命の愛〜」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「不滅の恋人」や「オクニョ運命の女(ひと)」で時代劇女優として活躍するチン・セヨンと、「金持ちの息子」や「この恋は初めてだから」に出演し知名度が上がっているキム・ミンギュがタッグを組んだ作品。
王妃の座を巡り行われるカンテク(王や世子の妃を選ぶための行事)が舞台となり、初恋の人を探す王と、ある事件を追いかける一人の女性が出会うところから物語が始まる。チン・セヨンは今回もロマンス時代劇でヒロインを演じる。

今日の1曲はザ・ブラザーズが歌う「別れの影」。愛する人との別れをなかなか受け入れられない、切ない未練を表現した1曲。ザ・ブラザーズの高音ボイスが切なさを上手く表現している。

<歌詞の解説>

「きっと苦しいと思う 僕の心は 時が過ぎてもただ君のことばかり 僕だけなのかな 君のうわさを聞くと 幸せみたいだね その人とは上手くいっているのか 今さらこんな自分がバカみたいだ あの時もっと頑張っていれば もっと尽くしていたら」最初の歌詞から、別れた恋人への未練がある想いが表現されている。

※サビ「まだちっとも 大丈夫なんかじゃない 君の知らせを聞くだけで 苦しいのに 大丈夫 大丈夫だと 毎日自分を慰めて暮らしてる 君のおかげで幸せを知ったんだ 忘れるなんてできない」サビでは恋の傷が癒えないもどかしさが伝わってくる。

「別れの影の下で生きている 心が冷たくなって どこに行っても影の中なんだ もどかしくてため息が出る だんだん疲れていく 一日も早く 楽になって明るい気持ちで暮らしたい」ここでも思いを断ち切れずに、疲れていく自分にもどかしさを感じている様子だ。

※サビのリピート

「もう一度機会をくれないか このままではどうしようもなくて」メロディーが変わり、メロディーが高音になっていく。

「全てを最初からやり直したい バカなことを言っているのはわかっているけれど いつか君が後悔するかもしれないと思って ここでずっと待っていたい」最後のサビでは、一層3人の高音が響き最後まで思いが伝わる1曲になっている。

歌手ザ・ブラザーズは、Man’s Avenueというグループ名で2015年にデビュー。その後現在のグループ名に改名。メンバーはキム・テヒョン(1989年生まれ)、チェ・ウンホ(1990年生まれ)、チョン・ウンソン(1992年生まれ)の3名。
「品位のある彼女」のOSTを担当し、その後はメンバーがソロでドラマ「カイロス」OSTに参加している。OST以外での曲でも活動しており、今後が期待される歌手グループの1つ。

<ネットユーザーの反応>

「キム・ミンギュの演技が良かった」
「ザ・ブラザーズの歌声が胸に響く」
「切ない未練のバラード」
「歌詞が悲しい」
「時代劇に不思議とマッチする」

「カンテク〜運命の愛〜」ではチン・セヨンとキム・ミンギュの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。