映画「海賊:鬼旗」のキャストが出演する「車輪のついた家」(tvN)のスピンオフ番組「お貸しします 車輪のついた家」の第2話が9月20日(月)に放送された。初回放送は、先発隊のハン・ヒョジュ、カン・ハヌル、イ・グァンスが中心だったが、今回は後発隊も合流。“ラスボス”クォン・サンウも登場し、“完全体”での和気あいあいとした模様が公開された。

やはりクォン・サンウが加わると、どこかピリッとするが、率直な物言いが心地よく、どこか抜けている(?)ところもあり、魅力的な素顔をさらけ出していた。ハン・ヒョジュら先発隊が渓谷に行っている間、トレーラーハウスに到着したセフン(EXO)、チェ・スビン、キム・ギドゥ、そしてクォン・サンウ。キム・ギドゥが持参してきたスイカを食べながら、クァン・サンウは「元々、皮膚科にはあまり行かないけれど、久しぶりに行ったら、このあたり何か取り除かれて」と頬を指さしながら、「いくつかなのかと思ったら、たくさん取り除かれて。しくじったよ(笑)」といきなり告白し、ナチュラルな姿だということを恥ずかしがる姿を見せていた。

そして、先発隊が戻ってこないので、料理に取り掛かったクォン・サンウとセフン。この2人のコンビネーションも絶妙だった。トゥンカルビ(スペアリブ)のキムチチム(キムチと豚肉の煮込み)を作るというセフンに、「トゥンカルビと『EXO』はちょっと似合わないんじゃない?」とクォン・サンウ。「EXO」には“ボンゴレパスタ”などが似合うと笑っていた。

キムチチムには自信があるというセフンだったが、クォン・サンウが「キムチをそんなに入れるの?」、「それで合ってるんだよな?」、「ふざけてないよね?」とやたら心配するので、徐々に自信喪失⁉ 調味料の量などもクォン・サンウにお伺いを立ててから入れ、「これ僕たち一緒に作ってますからね」と責任を回避し始めた。すると、見守っていたクォン・サンウは「僕がこの責任をとらなきゃいけない状況っぽいけど?」とし、「こういう場合、僕が全部仕上げをしなきゃいけない。助教(軍隊で教官の下につき、兵士の訓練を担当する兵士)出身だから。僕が管理をしなきゃいけない」と頼もしい姿を見せた。

さらに、先発隊が戻ってきてから、クォン・サンウもトッポッキを作り始め、「料理は感!」と計量せずに調味料を入れ、「適当に作るトッポッキがおいしいんだよ」と豪快な手つき。ところが、味見をしてみると微妙な味で、セフンが「これ何の味だろう?」と言ったことで、「みんなに見られないうちに」とまた調味料やラーメンスープまで入れるなど、慌てて蘇生を図っていたが、その様子をバッチリ見られていたというオチ(笑)。カン・ハヌルやイ・グァンスが冗談ぽくトッポッキだけは避けようと言っていたが、その後、煮込んで味が染みわたったのか、ビックリするほどおいしく出来上がり、トッポッキは大好評。みんなの反応を嬉しそうに見つめるクォン・サンウの姿も印象的だった。

また、先発隊が渓谷から戻ってきたとき、カン・ハヌルがクォン・サンウのもとに走っていき、抱きつく場面も。息子が帰ってきたパパに会ったときのような表情を見せていて、クォン・サンウが堅苦しい先輩ではなく、後輩たちに慕われているのもうかがえた。

ほかにも、先発隊が後発隊に対し、ハン・ヒョジュが渓谷で足をケガしたというドッキリを仕掛けたのだが、足を引きずる演技をしていたハン・ヒョジュに、セフンやチェ・スビンはすぐに嘘だと見抜いていたが、クォン・サンウは「冗談だと思ったのに」と言いながら信じた様子で、すぐに「イス、イス!」とハン・ヒョジュが座るイスを持ってくるよう指示。優しいリーダーシップを見せていた。

食事の後、映画の撮影現場でよくやっていたという“ライアーゲーム”をやることになったときは、一人だけ「それ何?」と分からなかったクォン・サンウ。悪役だったので、みんなとは別に撮影をしていたそうで、「僕だけ寂しく撮影していたから、うつ病になりかけたよ(笑)」と明かしていたが、ゲームのルールを教えてもらい、積極的に楽しそうに参加していた。これだけ豪華キャストが勢揃いしていたが、やはりクォン・サンウの存在感は圧倒的だった。