グループ「NCT 127」が3rdフルアルバム「Sticker」で米国のビルボード200の3位に上がった。

26日(現地時間)、ビルボードはホームページの記事を通じて「ビルボード200」(10月2日現在)の上位10アルバムを発表し、「『NCT 127』が3rdフルアルバム『Sticker』でTOP3にデビューし、最高ランクを記録した」と報道した。

これで「NCT 127」は2018年の1stフルアルバム「NCT#127 Regular-Irregular」86位、2019年4thミニアルバム「NCT#127 We Are Superhuman」11位、昨年の2ndフルアルバム「NCT#127 Neo Zone」の5位続いて、今回のアルバムでは3位になった、絶えず自己記録を更新し、4つのアルバム連続「ビルボード200」で意味のある成果を収めている。

特に「NCT 127」のTOP3入りは、今年に入って現在までに「ビルボード200」に名前をあげたK-POPアルバムの中で最高位を記録したことで、名実共にK-POP代表グループとしての圧倒的な影響力と地位を再び証明した。

「NCT 127」は、今回のアルバムで発売一週間で215万枚の販売高で「ダブルミリオンセラー」に登板し、韓国国内の音源とアルバムチャート1位、音楽放送1位、イギリスオフィシャルチャート初進入からメインアルバムチャートTOP40入り、中国QQミュージックデジタルアルバム販売チャート1位、日本LINE MUSICアルバムトップ100チャート1位を記録するなど、全世界の音楽ファンたちの熱い愛を受けている。