女優のキム・ジョンウンが歌手サンドゥル(B1A4)に冗談を言い笑いの渦に巻き込んだ。

28日放送された総合編成チャンネルのチャンネルAの芸能番組「レジェンド音楽教室-ララランド」には、サンドゥルが出演した。この日、サンドゥルは女優キム・ジョンウンとイ・ユリの間に座わり、「ここはとても不思議だ。先輩たちを見ているのが、あまりにも不思議だ」と感心した。

これを聞いた、シン・ドンヨプは「女優の先輩と共演してみてどうか?」と尋ねると、サンドゥルは「生まれて初めてだ」と答えた。

さらにサンドゥルは「小学生の頃、ドラマ『パリの恋人』を観た」と話した。これに対し、キム・ジョンウンは「小学生の時?おばさんみたいね」と言って笑いを誘った。

サンドゥルは「『パリの恋人』を見ながら、(OSTの)「愛してもいいですか?」をたくさん練習した」と述べ、実際にピアノを弾きながら甘いステージを披露した。その後、サンドゥルは「大成功した」と所感を伝えた。