ガールズグループ「OH MY GIRL」スンヒが悪質な書き込みに関する傷を話した。

29日放送されたKBS Joy「実演博物館」19回では、コメディアンぺ・ドンソンの娘で、YouTuberナタリーとして活動中のぺ・スジンが出演して、「私は芸能人でもないのに、悪質な書き込みが多い」と悩みを語った。

ぺ・スジンの悩みに接したスンヒは、「私は子供の頃から『スターキング』に出るなど、活動をした。しかし、11歳の若さで『人生をそんな風に生きるな』という悪質な書き込みをされた。どのように生きなければいけないかも知らない年齢だったのに…」と共感を示した。

続いてスンヒは、「『OH MY GIRL』なってからは『すり潰した(ような顔)』という悪質な書き込みを見た。ニンニクでも使う表現を、私の外見を卑下するために書かれた」と告白した。