韓国政党「国民の力」のチャン・ジェウォン(張済元)議員の息子であるラッパーのNO:EL(本名:チャン・ヨンジュン、21)が30日、警察に出頭した。

無免許運転や警察官への暴行などの容疑で立件されたNO:ELは被疑者として取り調べを受けるために、同日午後7時頃、ソウル・ソチョ(瑞草)警察署に到着した。事件発生後12日目となる。

NO:ELは今月18日午後10時30分頃、ソウルソチョ区パンポドン(盤浦洞)のソンモ(聖母)病院交差点でベンツを運転中に接触事故を起こした。

その後現場に出動した警察の飲酒測定要求に応じず、この過程で警察官の頭を突き飛ばした。

これに警察はNO:ELを、道路交通法上飲酒測定拒否および無免許運転公務執行妨害の容疑などで現行犯逮捕したが、NO:ELが泥酔状態であることから調査が不可能だと判断し釈放した。

警察は事故当時、NO:ELが飲酒測定に応じなかっただけに、これを立証するための証拠資料を確保することに注力してきた。