9月28日(火)にtvNで新バラエティ「傷つけない」がスタートした。出演するのは、人気ドラマ「ペントハウス」(SBS)シリーズで誰かを“傷つける”悪役を演じた3人、オム・ギジュン、ポン・テギュ、ユン・ジョンフン。ドラマ撮影の1年半、悪役として高級タワーマンションの“ペントハウス”で生活していた彼らが、特別なアジトで素の自分を取り戻すプロジェクトという趣旨のリアリティ番組だ。

それにしても、このところ俳優が出演するリアリティ番組が多く、tvNでは最近女優キム・ヒソン、KAI(EXO)らが出演した「牛島(ウド)居酒屋(邦題:ハネムーンゲストハウス)」や映画「海賊:鬼旗」のキャストが出演した全3話のスピンオフ番組「お貸しします 車輪のついた家」が終わり、「車輪のついた家3」(10月14日スタート)が控えている。

tvNには俳優たちが自炊しながら共同生活を繰り広げる「三食ごはん」シリーズ、「ユン食堂」シリーズなどリアリティ番組の人気コンテンツがあるので、新たな番組が始まるたびに、比較されがちだが、今回の「傷つけない」はどうだろうか?

オム・ギジュン、ポン・テギュ、ユン・ジョンフンは事前打ち合わせで、「場所はどこでもいい」、「3人が一緒にいることだけで大満足」、「思ったより不便でも上手く過ごせる」、「古びているほど、面白そう」などと余裕の発言。そこで、どんな条件でも自信があるという彼らに番組スタッフが用意したのが、8年誰も住んでいないという、まるでお化けでも出そうな田舎の廃家。3人は“ペントハウス”から“ペガ(廃家)ハウス”へと舞台を移したのだ。

初回放送では、“ペガハウス”に到着した3人がここで暮らせるように、家の掃除、リフォームを始める模様が公開された。撮影は夏だったようで、この家にはエアコンもなく、あるのは古い扇風機だけだったので、汗だくの3人。しかもやることが山積みだ。

まずは市場に買い出しに行ったが、歩いていると「悪い人たちだ」と気付かれ、ドラマの人気を改めて感じさせる一幕も。さっそく麦わら帽子を3つ買った3人は、食材をはじめ、キャラクターの可愛い枕や布団などの寝具、床のカーペット、障子紙などを買い込み、家に戻ると、本格的にリフォーム開始。

オム・ギジュンとユン・ジョンフンは床のカーペットの張り替え、ポン・テギュは障子の張替えを担当。暑さもかなり体力を消耗させる要因となり、「“傷つけない”のではなく、僕たちが死にそう」とオム・ギジュン。ユン・ジョンフンも「ヒーリングをさせてくれるって聞いていたのに」と苦笑いし、オム・ギジュンは「裏切られた気分。『ペントハウス』の撮影より大変」と番組スタッフに苦情⁉ 過酷な労働バラエティ(?)の様相を呈していたが、番組冒頭でも言っていた通り、この3人は本当に仲が良く、よく笑っていた。いくら大変でも笑い声があふれていて、楽しそうなのが伝わってくるので、見ていてポジティブなエネルギーをもらえるのが良い。

この日は、ワーカホリックのユン・ジョンフンが皿洗い、料理、床の雑巾がけなどテキパキと家事をこなし、テロップでも“黄金マンネ(末っ子)”と出ていたが、お兄さん2人を気遣いながら、積極的に動いていたおかげで、ある程度の作業が終了。今後、ユン・ジョンフンの料理は注目ポイントになりそうだ。

また、この番組でも、料理の場面で“釜”が登場。火起こし担当はポン・テギュのようだ。夕飯作りのとき、ユン・ジョンフンがポン・テギュに火を起こして釜の準備をしてほしいと頼み、疲れていたポン・テギュが「絶対、釜でなくちゃいけないの?」とぼやくと、「やれって言ったらやれよ!」とオム・ギジュン。ポン・テギュが泣く泣く「やるって。やりますから」と準備を始めると、「手伝ってあげるよ」とポン・テギュのもとに行くオム・ギジュンのツンデレぶりも垣間見られ、3人の掛け合いの面白さもあった。

この番組は今後、「ペントハウス」のキャストがゲストで続々と登場することも予告されており、最初のゲストは女優イ・ジア。3人はこれから来るイ・ジアに電話をかけ、「今からでも逃げたほうがいい」と冗談を飛ばしながら、食べたいメニューを聞くなど、和気あいあいとゲストを迎えるワクワク感を漂わせていた。

初回視聴率は3.5%(ニールコリア調べ)。「ウド居酒屋」は2.6%、「お貸しします 車輪のついた家」は2.7%でスタートし、それ以降下降線をたどったことを考えると、俳優たちのリアリティ番組としてはまずまずの滑り出し。「ペントハウス」チームは一矢報いるだろうか。