グループ「BTS(防弾少年団)」のメンバーJUNG KOOKの「裏広告疑惑」を置いてネチズン(ネットユーザー)の論戦が繰り広げられている。

1日、公正取引委員会にJUNG KOOKの裏広告疑惑関連の苦情が提訴された。裏広告とは有名人が製品協賛を得たり広告料を受け取り、コンテンツ制作時にこれを明確に表記していないことをいう。

法人登記簿謄本によると、JUNG KOOKの実兄であるチョンさんは、5月に株式会社シックスガイズを設立し、JUNG KOOKは社内取締役に名を連ねた。株式会社が9月初めにアパレルブランドGRAFFITIONMINDをローンチすると、JUNG KOOKはブランドの服を着て9月1日にネイバーのVLIVE放送に参加し、他の日には色が異なる同じTシャツを着た写真をファンコミュニティ等に掲載した。JUNG KOOKは先月14日、株式会社の社内取締役を辞任したことが分かった。

これに対して、一部のネチズンはJUNG KOOKが会社の関係者として活動して製品を公開したのが「裏広告」に該当すると主張した。購入を勧めていなくても、露出だけで売上収益を呼び起こすことができるというものだ。

しかし、商業的意図を持ったと見るには難しいという反論も多くある。JUNG KOOKがライブ放送当時、そのブランドに対する言及をしていなかったし、写真も意図的なブランドの露出がなかったため広報意図はないという解釈だ。

スターが着る服、訪問する場所、食べる食べ物などは、ファンの最大の関心事だ。アイドルが使うものが「完売行進」を見せる理由もここにある。JUNG KOOKが2月、ライブ放送を介してコンブチャを楽しんで飲む姿が公開され、販売会社Aの輸出量が月800%以上増加した事例もある。これに対してA社は、「コロナ禍で中小企業の力になってくれる良い影響」と表現した。

自発的なファンの消費性向までアーティストに責任を問うことは、行き過ぎとの指摘が出てくる理由だ。