MBCの新オーディションプログラム「放課後のときめき」の3年生練習生たちがMBC「ショー!音楽中心」でデビューした。

2日、放送された「ショー!音楽中心」では「放課後のときめき」の3年生練習生たちが出演し、グループ曲「Same Same Different」を披露し、夢に見ていた初ステージに上がった。

初ステージに先立ち、行われたMCとのインタビューでは「放課後のときめき」3年生練習生たちは自分たちの魅力として「3年生はポテンシャルの高い子達が集まった」と明かし、「明るく朗らかだが、ステージの上ではカリスマ性の溢れる魅力がある」と自信を表した。それとともに「Same Same Different」については「全学年の明るいエネルギーが込められた曲」であると明かした。

実際この日、「放課後のときめき」3年生たちは練習生とは信じられないほど、プロフェッショナルなパフォーマンスでステージを行った。キレの良いダンスで「放課後のときめき」のチームワークを自慢するとともに、各自の個性を見せた3年生練習生のこれまで注ぎ込んだ努力がそのまま伝わった瞬間だった。

これに先立ち「放課後のときめき」のスピンオフ「登校前のためらい」でオ・ウニョンは「ショー!音楽中心」の実戦ステージに立つ3年生の練習生たちに「失敗しても大丈夫。緊張する時は私のことを思い出して」とし、激励をした。