コメディアンのファン・シニョンが三つ子出産後の近況を伝えた。

ファン・シニョンは3日、自身のインスタグラムに「頑張って初乳いっぱい絞りました。三つ子より産後調理院(産後に母体をケアする施設)に先に到着しました」という文と共に写真を掲載した。

公開された写真には、初乳を持ってカメラを見つめているファン・シニョンの姿が入れられた。ファン・シニョンは明るい表情で初乳を自慢している。出産後の健康近況に多くの人々の関心を集めている。

続いて、ファン・シニョンは「子供たちにすごく会いたくて、来てすぐ初乳から絞って夫に母乳を配達してもらってる最中~~幸いにもすご〜くよく出ます」と自慢した。

それとともに「三人に同じように分けて届けるかと思ったけど、今日は一番小さく生まれた第一子アーサーがいる病院に配達をお願いしました」とし、「第二子アジュン、第三子アヨンも待っててね。母が絞ってみるよ~~I Love you so much baby」と子供たちに向けた愛情を表わした。

最後にファン・シニョンは、「最初は80cc、2回目は90ccずつ出ます~~分けて保管しなければいけないでしょ?#三つ子より#先に#調理院到着#初乳#配達」と文を仕上げました。

ファン・シニョンは2017年、5歳年上の一般人男性と結婚した。今年3月に、結婚4年目に人工授精で三つ子妊娠に成功したことを知らせて話題を集めた。先月27日、1男2女の三つ子を出産した。