「野生ドル」の志願者たちが過去を明らかにした。

MBCサバイバルオーディション番組「極限デビュー野生ドル」(演出:チェ・ミングン、ハン・ヨンロン、以下、野生ドル)は4日、MBCの公式YouTubeを通じて、デビュー組14人のトークを盛り込んだ最初の映像を公開した。

この映像にはイム・ジュアン、クォン・ヒョンソク、イ・ジェジュン、キム・ヒョンヨプ、ソ・ソンヒョクが登場しこれまで隠されていた自分たちの正体を明かし、「野生ドル」に志願する前の話を聞かせた。

# イム・ジュアン、「突然のグループ解散…途方に暮れた」

デビュー組14人の中の1位を獲得したイム・ジュアンはグループ「WE IN THE ZONE」のメインダンサーとして約1年半活動した。

イム・ジュアンは「今は解散をしている。突然そうなって、絶望した感じだった。とても虚しかったし、失望して途方に暮れた」と、グループ解散後9か月間寝込んでいたと打ち明けた。

イム・ジュアンは「(『野生ドル』への志願に関して)別の友人が連絡を受けていた。思わず『僕のほうに(話を)つなげてくれないか?』と言った。『僕がアイドルを本当にやりたい、これをやらねば』という確信が生まれたようだ」とし、「最後だと思い挑戦する」と気丈な覚悟を確かにした。

# クォン・ヒョンソク、「白血病を乗り越えアイドルに挑戦」

クォン・ヒョンソクは「2019年10月に急性骨髄性白血病を患っていることを知った。免疫力が低下し、血小板が他人の10分の1しかなかった」という胸の痛むエピソードを明かした。

また無菌病室で過ごしながらつらかった時期にアイドルたちのステージを見ながら、エネルギーを得たとし、自分もそんな人になりたいと述べた。

現在、体調は完治と同様の程度で好転したというクォン・ヒョンソクは、「何かが足りなかったりつらい思いをした人も努力すれば温かく見守ってくださると思い、よい結果が出る時もある」と明かし、笑みを浮かべながら前向きなエネルギーを発散した。

# イ・ジェジュン、「宅配サービス車のアルバイトまで」

イ・ジェジュンは2度のデビューと別のサバイバル番組に参加した経歴がある。自らを“4度生”だと呼んだイ・ジェジュンは、「命をかけて臨む」と強烈な意思を燃やした。

イ・ジェジュンは自身の意思とは異なり、活動をしていたすべてのグループの解散を経験しなければならなかった。特に宿所の電気代や家賃、食費が底をつき、宅配サービスのアルバイトに飛び込んだと明かし注目を集めた。

アルバイトをしながら他のメンバーの生活費まで面倒見てあげたというイ・ジェジュンは、つらかった時代を思い出して涙を流し切なさをそそった。

# キム・ヒョンヨプ、「一緒に練習していた友達はみんなデビュー」

キム・ヒョンヨプは約3年間BRANDNEW MUSIC、BIGHITエンターテインメント(現HYBE)などさまざまな事務所で練習生生活を送った。

キム・ヒョンヨプは「BRANDNEW MUSICで一緒に練習していた『AB6IX』、イ・ウンサン、『BDC』はすべてデビューした。僕はできずにお祝いをしてあげたがつらかった」と率直な気持ちを告白した。さらに「野生ドル」が最後のチャンスだと思い、より頑張って臨むと誓った。

# ソ・ソンヒョク、「僕を無視する人もいた」

ソ・ソンヒョクはこれに先立ち、2017年に放送されたMnetのオーディション番組「PRODUCE 101 シーズン2」に参加し、最終順位31位で脱落した。番組終了後、活動に乗り出しもしたが結果が良くなかった。

慎重に「『お前はどうせやることもないのに忙しいふりをしているんだな?』と、僕の姿を無視する人たちもいた」という話を切り出したソ・ソンヒョクは、「すべてを諦めようと思ったが、そうできなかった」と「野生ドル」に志願した理由を明かした。

また「飾らず、正直に、人間味をもって参加する」と今後の活躍を期待させた。

「野生ドル」は韓国初の野生地で繰り広げられる生存サバイバルオーディション。デビュー組に選ばれた14人のイム・ジュアン、イ・チャンソン、パク・ゴヌク、ソ・ソンヒョク、チョン・ヒョンウ、キム・ヒョンヨプ、ユン・ジュンヒョプ、キム・ギジュン、パン・テフン、イ・ジェオク、キム・ジソン、イ・ジェジュン、クォン・ヒョンソク、ノ・ユンホが最終デビューメンバー7人に入るために熾烈な順位争いを展開する。

視聴者たちの熱い応援を一身に受けている「野生ドル」は毎週木曜日午後9時から韓国で放送されている。