Netflixの韓国ドラマ「イカゲーム」に出演したイ・ジョンジェ、パク・ヘス、ウィ・ハジュン、チョン・ホヨンが6日(米時間)、米NBCのトーク番組「 ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン」に出演した。

 「イカゲーム」出演者らは、同番組の司会者であるジミー・ファロンとビデオを通じて対話した。番組はまず、社会現象とも言える世界的な人気を得ていることに対するそれぞれの想いや、「イカゲーム」公開直前に父親となったパク・ヘスへのお祝いなどを交えながら、和気あいあいとした雰囲気で進行した。

 ジミー・ファロンは番組内で「イカゲーム」に登場する人形を持ち出すなど、同作への関心の高さを見せた。さらに、番組では「イカゲーム」が韓国文化の一部である子どもたちの遊びを紹介したという点に注目。それに関連してアメリカの子どもたちの遊びが紹介され、ジミーと「イカゲーム」出演者たちが実際に一緒に遊ぶという一幕もあった。

 時を同じくして、ニューヨークのタイムズスクエアには「イカゲーム」の巨大広告も登場。通行者たちの視線を集め、同ドラマの世界的人気を印象づけた。

 参加者たちが着用している緑色のジャージや、仮面男が着ているピンクの服などが、今年のハロウィンで人気を集めると予想されており、ハロウィンまで掲載される予定の巨大広告と相まってどのような光景を見せるのかも注目される。

 「イカゲーム」は456億ウォン(約43億円)の賞金がかかった謎のサバイバルゲームに参加する人々の命をかけた戦いを描いたNetflixのオリジナルドラマ。