女優ハン・チェアがKBS2TVの新月火ドラマ「恋慕」に特別出演する。

「恋慕」は、双子に生まれ、女児という理由だけで捨てられた子供が、兄の死により男装をして世子となり繰り広げられる秘密の宮廷ロマンスドラマ。

運命的な物語のスタートのため、ハン・チェアが心強い援護射撃をする。ドラマ「内省的なボス」を演出したソン・ヒョンウク監督との縁で、快く出演を決めたという。

何よりハン・チェアの特別出演は、4年ぶりのドラマ復帰という点でも注目を集めている。

彼女は劇中で皇太子イ・フィ(パク・ウンビン扮)の母親、嬪宮役を任され、「双子は絶対に不可」だという王命の中、娘を生かすために孤軍奮闘する母性愛を見せる予定だ。フィが女性であるという秘密を背負うしかなかった背景の、重要な鍵を握る人物として、視聴者をドラマに引き込む演技を見せる予定だ。

期待の中公開されたドラマスチールカットは、危うい緊張感が漂う宮廷での、嬪宮の密かな行動を捉えている。警戒に満ちた目つきで周囲を見回す姿に、「どんな状況でも自分の子どもを必ず守る」という彼女の固い意志が見られる。

ハン・チェア特有の上品で優雅な雰囲気に、絶対的な力が感じられる演技で完成させられる「嬪宮」という人物の行く末に注目が集まる。

制作陣は「内面がしっかりしたハン・チェアの熱演のおかげで、『恋慕』の始まりがより豊かに輝くことができた。快く出演を承諾してくれ、感謝の意を伝えたい」とし、「ついに、歴史から消されるしかなかった、ある秘密の王の物語が、手に汗握る事件の連続で幕を開ける。休む間もない展開で、あっという間の1時間となる初回放送に期待してほしい」と述べた。

『恋慕』は11日午後9時30分初回放送。