※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

10日に放送されたtvNドラマ「海街チャチャチャ」14話では、互いにさらに近づくための時間を持つヘジン(シン・ミナ)とドゥシク(キム・ソンホ)の様子が描かれた。

 ヘジンは、正直に心の扉を開けないドゥシクに傷つき、ドゥシクは出ていくヘジンを捕まえることはできなかった。ドゥシクの家を出てきたヘジンは、偶然会ったファジョン(イ・ボンニョン)の前で号泣。そんなヘジンを温かいわかめスープでもてなしたファジョンは、ドゥシクがコンジンの街に戻ってきた時はすごくつらそうだったと明かし、「幼い頃から大人びていて、耐えることばかり覚えた子だから、自分の心の内を明かす方法を知らない。あの子がつらい、痛い、と言ったのを聞いた人はいないみたい」と助言した。その後、ドゥシクに電話をかけたヘジンは「あなたが私に申し訳ないと思わないための時間。あなたが私に正直になれるくらいの時間が必要だと思う」と言った。

 ラブラブだったドゥシクとヘジンがケンカをしたという噂が一瞬にして広がった。それを聞いたソンヒョン(イ・サンイ)はドゥシクの家に行き、すぐに仲直りするように言った。ドゥシクは、ケンカではなくヘジンが自分にとってもったいない人だと思ったんだと答えると、ソンヒョンは正直になるように伝え、「君のありのままを受け入れてくれるはずだ。ヘジンはそういう人だから」と励ました。