3度の飲酒運転を犯した韓国俳優ユン・ジェムンが、KBS2ドラマ「恋慕」で復帰し視聴者の前に登場した。

 去る11日に放送されたKBS2新ドラマ「恋慕」1話に俳優ユン・ジェムンがハン・ギジェ役で出演。ストーリーの序盤から緊張感を与える役だった。

 しかし、一部では3度の飲酒運転という罪を犯したユン・ジェムンが公営放送であるKBSで復帰した点を問題視している。

 2010年と2013年に飲酒運転で罰金刑が下されたユン・ジェムンは、2016年に3度目の飲酒運転が発覚。摘発され、懲役8か月・執行猶予2年が言い渡された。

 以降、1年ほどの自粛期間を経てユン・ジェムンは2017年映画「パパと娘」で公式の場に姿を見せた。しかし、ユン・ジェムンはインタビュー現場に酒に酔った状態で登場し、映画広報会社および所属事務所の広報チームスタッフを混乱させたのはもちろん、記者にも無礼な発言をするなど騒ぎを起こした。

 特に今回、KBSがユン・ジェムンの飲酒運転という前科に寛容な態度を示してドラマ出演させたことで、「それは正しいのか」と疑問視する視聴者も少なくない。