グループ「BTS(防弾少年団)」のメンバー、Vが熱愛説に不快な心境を吐露した。

15日、Vは「BTS」公式グローバルファンコミュニティプラットフォームWeverseを通し、短いコメントを掲載した。彼は「情けない。『UGH!』歌いたい」とし、「今日、夢でやつらの首筋に毒針を打ちます。首元にお気をつけください」とコメントした。

Vが言及した「UGH!」は、「BTS」が昨年発売したアルバム「MAP OF THE SOUL:7」の収録曲である。歌詞には「真実も嘘になって/偽りも真実になって」などの歌詞が含まれた。

これに先だち、14日、オンラインコミュニティなどを通して、Vとパラダイスグループのチョン・フィリップ会長の娘との熱愛説が浮上した。

これを提起したネットユーザーたちは、13日、Vがチョン・フィリップ会長夫人のチェ・ユンジョン理事長と「KIAF 2021 VVIPプレビューイベント」に出席し、展示会を鑑賞し、そこに会長の娘も同席していたという証拠を提示した。

これに対し、所属事務所BIGHIT MUSIC側は「ただの知り合いだ」とし、熱愛説を否定した。

一方、Vの投稿を見たファンは、「どれ程もどかしいことか」「人も多い場所であからさまにそんなことをするはずが」「展示会も気楽に見ることができない」「噂もひどい。疲れてしまいそうだ」などの反応をみせた。

「BTS」は、今月24日、オンラインコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」を開催する。続いて11月27〜28日、12月1〜2日には、米国ロサンゼルスで2年ぶりのオフライン公演を開催する。