韓国歌手イ・ジンヒョク(UP10TION)がソロアーティストとして、再び成長した姿を予告した。

 18日午後、イ・ジンヒョクは4thミニアルバム「Ctrl+V」発売記念オンラインショーケースを開催した。

 「Ctrl+V」はことし上半期に発表した「Scene26」の活動以来、約5か月ぶりのニューアルバムだ。アーティスト=イ・ジンヒョクと人間=イ・ジンヒョクの姿が描かれた「Note」と「Note」の2つのバージョンで、刻々と変化するカメレオンのようなイ・ジンヒョクの多彩な姿に出会える。

 タイトル曲「Work Work」は仕事と愛の両方を手にしたいが、現実的な悩みにぶつかったMZ世代の恋愛の悩みを愉快に表現した曲だ。