韓国で私生活が物議を醸した「俳優K」が俳優キム・ソンホだという疑惑が浮上している中、所属事務所側は無言を一貫していたが、騒動から一日経って「事実関係を把握中」だという状況を伝えた。

 19日、キム・ソンホの所属事務所SALTエンターテインメント側は、「早く立場を出せなかった点、心よりお詫びする」とし、「弊社は現在、匿名で掲載された文章の事実関係を把握している」と伝えた。

 一方、17日午後、あるオンラインコミュニティには「人気俳優Kの二重的で厚かましい実体を告発します」というタイトルの書き込みが掲載された。自分をKの元交際相手だと紹介したネットユーザーのAさんは、昨年の2020年初めから交際していたとし、中絶を強要したが、中絶した後は態度が急変したなどと主張した。

 その後、18日にはオンライン上で「俳優K」の正体について話題になり、芸能記者出身のユーチューバーがライブ放送で「俳優Kはキム・ソンホだ」などと明かしていた。



 以下、所属事務所側の立場全文。


俳優キム・ソンホの所属事務所SALTエンターテインメントです。

早く立場を出せなかった点、心よりお詫びします。

弊社は現在、匿名で掲載された文章の事実関係を把握しています。

事実関係がまだはっきりと確認されていないので、もう少しだけお待ちいただけますようお願いいたします。

良くないことでご迷惑をおかけして心よりお詫び申し上げます。