日本国籍の歌手KangNam(34)が、初めて挑戦した「韓国籍帰化」試験に合格できなかったことを明かした。

 18日、YouTubeチャンネル「近所の友達カンナミ」には「KangNamが日本国籍を放棄します。家族総出動からチキンイベントまで」というタイトルで動画が掲載された。

 試験まで20日となった状況で、KangNamは「このコンテンツは、僕が帰化試験を受けるために準備する過程をお見せする動画です。まず、僕が模擬試験を解いてみようと思います」と話し、問題を解くようすが流れた。 

 しかし、思ったより難しい問題レベルに苦戦する表情を見せたKangNam。そして試験当日、KangNamは「かなり難しかった。100%落ちると思う。あまりに難しくてメンタル崩壊…きっと韓国人にとっても難しいと思う」と吐露した。

 結局、KangNamは初めての筆記試験に不合格。しかし「まだ2回残っている」と強い意志を見せたKangNamにファンから応援メッセージが殺到した。