グループ「WINNER」のカン・スンユン、ソン・ミノのそれぞれのデビュー初ソロコンサートに、ライブバンドが電撃合流する。

ソン・ミノは11月19日に、カン・スンユンは11月21日にソウル芳夷(バンイ)洞オリンピックホールでソロコンサートを開催する。 2人は最高の舞台を作りあげるために、多彩な構成のバンドセットを準備した。

ソン・ミノとカン・スンユンは、過去に「WINNER」のワールドツアーを共にしたバンドメンバーたちと再度タッグを組んだ。さらに、数多くの公演で活躍してきたトップクラスの演奏者たちも加わり、最近猛練習に突入している。

さらに二人はバンド演奏に合わせ、ほぼ全ての曲を新たに編曲し、その感動を倍増させている。ヒット曲はもちろん、収録曲もより豊かなサウンドに再構成する。

現場の観客には圧倒的な響きを、オンラインの観客にはオフラインコンサートに劣らない躍動感あふれるサウンドを提供するものと予想される。

YGエンターテイメント側は、今回のコンサートが、ライブストリームコンサートブランド「YG PALM STAGE」の一環として企画されただけに、多様な観覧環境を満足させるため、編曲、演出、小道具など細かい部分にまで力を入れていると説明した。

ソン・ミノの「YG PALM STAGE 2021 MINO: MANIAC」とカン・スンユンの「YG PALM STAGE 2021 YOON: PASSAGE」はオンラインでも生中継される。

オフラインでの観覧は、韓国政府の新型コロナウィルス感染対策の指針により中止になる場合もある。詳細はYGエンターテインメント公式ホームページで確認できる。