女優兼歌手のスジ(元MissA)とチョン・ウンチェが「アンナ」で共演する。

Coupang Play側は20日午前、「新シリーズ『アンナ』にスジ、チョン・ウンチェ、キム・ジュンハン、パク・イェヨンらのキャスティングが確定した」と公式発表した。

「アンナ」は些細な「嘘」が始まりとなって、完全に違う人物の人生を生きることとなる女性の物語だ。

スジは主人公ユミを演じ、これまで見せたことのない新しい姿を披露する。特に彼女はスクリーンデビュー作「建築学概論」を通じて“国民の初恋”シンドロームを巻き起こし、映画「白頭山大噴火」、ドラマ「バガボンド」「スタートアップ: 夢の扉」など、映画とテレビの両方で話題作に出演し続けているだけに、今回も期待感が高まっている。

ドラマ「客−ザ・ゲスト」「ザ・キング:永遠の君主」などで、個性的な魅力で存在感を見せてきたチョン・ウンチェは、今回の「アンナ」でヒョンジュ役を演じる。スジ演じるユミとの間に微妙な緊張感を持つヒョンジュは、他人に対して配慮も悪意もなく、優越した人生を送る人物だ。

ここにドラマ「賢い医師生活」に出演したキム・ジュンハンがユミの夫役として、ドラマ「海街チャチャチャ」に出演したパク・イェヨンがユミの先輩役として出演し、ドラマをさらに盛り上げる。

このように多彩なキャスティングを完成した「アンナ」は、映画「エターナル(原題:A Single Rider)」のイ・ジュヨン監督が演出と脚本を担当する。イ・ジュヨンは作品について「『アンナ』は相対的はく奪感から始まった嘘によって、結局自身のアイデンティティと人生の一部を失うことになる人物の物語」と説明した。

主演のスジは「台本を読んだ時から『アンナ』に引き込まれた。心地よい緊張感で準備に取り組んでおり、撮影日が一日も早くきてほしい。イ・ジュヨン監督やその他スタッフの方々と一緒に作りあげる『アンナ』に期待してほしい」と感想を述べた。

チョン・ウンチェは「台本の力強さに魅了された。新しいキャラクターを見せることができるので、期待している。魅力的な俳優陣、すばらしい演出陣とともに仕事ができて嬉しい」と語った。

「アンナ」は2022年に公開される予定だ。