音楽授賞式「2021 THE FACT MUSIC AWARDS」の2部は、1部のFAN N STAR部門で3冠を達成したイム・ヨンウンの「My Starry Love」と「Trust In Me」のライブステージで幕を開けた。

授賞は、「U+アイドルLive」で行われたファン投票で最も人気を集めたアーティストに贈られる「U+アイドルLive人気賞」の発表から始まり、名前を呼ばれた「BTS(防弾少年団)」がステージに登場。

トロフィーを受け取ったJINが「投票してくださってありがとうございます!感謝の気持ちを韓国語で表現できること自体がとても幸せです。海外の授賞式にたくさん参加してきたんですが、ナムジュン(RM)だけが、感謝のコメントを英語で伝えてきたので」と言ったところで、虫が口の中に入りそうになるハプニング(?)があったが、「感想を自分の言葉で話せるのがとても幸せだということをきょう改めて、この賞をもらって実感しています。ARMYの皆さん、本当にありがとうございます! この感謝の言葉を自分の口で言いたかったです。ありがとうございます」と喜びを爆発させた。

続いて、「ことしのアーティスト」の授賞では「ASTRO」、「OH MY GIRL」、「SEVENTEEN」が登壇。「ASTRO」はこの日出席できなかったジンジンの写真を持って登場し、チャウヌがジンジンとファンとこの喜びを分かち合いたいと話した後、英語でも感想を語り、「OH MY GIRL」はリーダーのヒョジョンとユアがファンに感謝の言葉を伝えた。

また、「SEVENTEEN」はディノが韓国語で、ドギョムが日本語で「CARAT(=SEVENTEENのファン)の皆さん、いつも応援してくださって本当にありがとうございます。離れていてもCARATとSEVENTEENはいつもつながっています。これからも僕たちSEVENTEENについてきてください。ありがとうございます」と話した後、バーノンが英語で、ミンギュがこの日共にできなかったディエイトが感想を伝えてくれたとし、録音したスマホをマイクに向け、ディエイトの中国語でのコメントを聞かせた。

そして、パフォーマンスステージでは「ASTRO」が「ONE」と「After Midnight」を披露。汗をかく姿も爽やかなチャウヌの決めポーズでステージを終え、続いて登場した「OH MY GIRL」は「Quest」をステージ初公開。さらに、「Dun Dun Dance」をリミックスバージョンで原曲とはまた違う魅力を垣間見せた。ファン・チヨルも「Two Letters」と新曲「Too Late」をステージ初披露し、甘い歌声を届けた。

「ことしのアーティスト」を授賞する最後のブロックでは、プレゼンターとしてパク・ヒョンシクが登壇。「友達を応援しに来ることができて、とてもうれしいです」とあいさつし、仲の良いV(BTS)のことをほのめかした。まず、「ITZY」が受賞し、イェジとリュジンがファンや事務所のスタッフに感謝の言葉を述べた後、パク・ヒョンシクは次に授賞するアーティストとして、「僕がこの方たちに授賞できて光栄であり、うれしいです」と「BTS」の名前を呼んだ。

期待通り、パク・ヒョンシクがVにトロフィーを渡し、Vが満面の笑顔を見せるこのシーンにファンもほっこり。また、Vに続いて、手を差し出し、パク・ヒョンシクと握手をしたJUNG KOOKが「『ことしのアーティスト』受賞の感想コメントを担当するJUNG KOOKです」とスピーチを開始。

ファンに感謝した後、「このように毎回、意味のある素晴らしい賞をいただくたびに、本当にうれしいですが、その分だけプレッシャーも感じます。メンバーたちは分かりませんが、僕は何かと至らない者です。でも、このようなプレッシャーを乗り越えて、皆さんの愛に応えられるようなアーティストになるために、これからも一生懸命生きていきたいと思います。皆さん、本当に愛しています!ありがとうございます!ARMY最高!」と笑顔を見せた。

続いて、世界中のファンをパフォーマンスで魅了したアーティストに贈られる「World Best Performer」を「SEVENTEEN」が受賞。

スングァンが「“もっと頑張れ”という意味でくださった賞だと思います」と話しながら事務所のスタッフにも感謝し、9thミニアルバム「Attacca」(10月22日発売)への応援を求めた後、今度はホシが日本語で「CARATの皆さん、いつもありがとうございます。これからも皆さんのためにいい音楽をお届けします。また会える日まで一緒に頑張りましょう。改めて本当にありがとうございます。僕たち10月22日にニューアルバムが出ます」と伝え、ジョシュアが英語で感想を語った。

最後にリーダーのエスクプスが、現在中国で活動しているジュンとディエイトの名前を呼び、メンバー全員で「サランヘ(=愛してる)」とメンバー愛を示していたのも「SEVENTEEN」らしい光景だった。

次のパフォーマンスステージにはJYPエンターテインメントの2組が登場。「Stray Kids」がユニットステージで「SURFIN」(リノ/フィリックス/チャンビン)、「GONE AWAY」(ハン/スンミン/アイエン)、「Red Lights」(バンチャン/ヒョンジン)をステージ初披露した後、「Thunderous」ではパワフルかつ華やかなステージングを展開。続いて、ITZYがガールクラッシュな魅力で「In the morning」、「Sorry Not Sorry」、新曲「LOCO」を披露した。

再び授賞に戻り、世界中のファンから愛されたアーティストに贈られる「Worldwide Icon」は「SUPER JUNIOR」が受賞。リーダーのイトゥクが、世界中のファンがくださった賞なので意味深いとし、今年で17年目に入った「SUPER JUNIOR」を長年支えてくれているファンの力はすごいと感謝。シウォンが中国語でスピーチをした後、イトゥクが「また会える日まで元気でいてください。SUPER JUNIORはこれからもずっと頑張っていくチームになります」とまだまだ歩みを止めない姿勢を見せた。

ことし最も曲を聴かれたアーティストに贈られる「リスナーズチョイス」は「BTS」が受賞。J-HOPEが「ARMY〜!やっぱり受賞したらARMYの名前を先に言わないとね!」とファン心をくすぐり、昨年に続いての同賞受賞を感慨深いとし、「アーティストには聴き手の存在が何よりも大きなモチベーションになります。当たり前の話ですが、僕たちに原動力やモチベーションをくださってありがとうございます!未熟ではありますが、もっと頑張っていい音楽をお聴かせできるカッコいい、素晴らしいアーティストになります。本当にありがとうございます!」と話した。

JIMINも「皆さん、このような大きな賞をくださり、ありがとうございます。コロナ時代に負けず、頑張っていることだけでも十分感謝すべきなのに、音楽を聴いてくださったり、むしろ僕たちを心配してくださったりする皆さんだから、なんと感謝すればいいのか本当に分かりません。皆さんを少しでも幸せにできるようもっと頑張ります」とファンへの愛を炸裂させた。また、2人がスピーチをしている間、端にいたVとJUNG KOOKが2回もハイタッチ&ボディタッチをして喜び、はしゃぐ姿もカメラにとらえられていた。

授賞式も終盤に入り、パフォーマンスステージも最後のブロックに。まずは「SEVENTEEN」が登場。「Ready to love」を一味違ったバージョンで披露し、ダンスブレイクでも圧巻のパフォーマンスを見せ、「Anyone」ではセクシーな魅力も。映画のような世界観のパフォーマンスで魅了した。

そして、トリを飾ったのはやはり「BTS」。3曲を披露したが、「Boy With Luv」はメンバーたちがイスに座って歌唱。終盤で立ち上がった後もダンスはなかったが、ノリノリで楽しそうにしながら、歌声をしっかり聴かせた。続いて、フォーマルなスーツ姿のメンバーたちが「Butter」で躍動的なパワフルで華やかなパフォーマンスを、ラストは爽やかなカジュアルコーデの衣装にチェンジし、「Permission to Dance」を披露。プロジェクションマッピングで紫色の風船が空高く飛んでいく映像の演出も印象的だった。

いよいよ最後の授賞となる「大賞」の発表。3年連続で「大賞」を受賞してきた「BTS」が、大方の予想通り、今回も「大賞」に輝き、4連覇を達成した。

リーダーのRMはファンに感謝し、ことしはビルボード1位やグラミー賞の舞台、国連総会に出席など、いろんなことを成し遂げてきたとし、「でも、一番重要なことである、皆さんに会うことができていません。本当に残念ですが、遠くからでも愛を送ってくださったおかげで、もう一度僕たちのリストに貴重な賞を追加することができました。とても光栄です」とし、10月24日(日)のオンラインコンサートに向け、一生懸命準備しているので、また笑顔で会おうと約束した。

昨年は肩の手術を受け、この授賞式に参加できなかったSUGAは一年ぶりに参加できてとても楽しいとし、「もうすぐ皆さんにお会いできるので、とてもワクワクしています。一日も早く、韓国でもコンサートが開催できるようになって、韓国のARMYの皆さんにも直接お会いできるといいですね。世界中のARMYの皆さんにも会いたいです」と言えば、J-HOPEもファンはもちろん、スタッフにも「僕たちのために、いつもご苦労されているし、BTSの名にふさわしく、挑戦にも乗り出してくださって、いろいろ大変だと思います。スタッフの皆さんがいるからこそ、BTSも存在できます」と改めて感謝の気持ちを言葉にした。

Vは「17歳でソウルに上京してから、ことしで27歳になりました。この10年間、僕のそばにいてくれたメンバーたちに“ありがとう”と“愛してる”と言いたいです。ARMYも愛しています! 会社の皆さんも愛しています。家族もね」と愛情あふれる思いを惜しみなく表現し、それを受けJINも「Vさんがたくさん“愛してる”と言いましたが」と前置きし、家族や事務所に愛していると話しながら、「僕は良い会社に恵まれているなと。うちの会社はBTSと共に、ARMYと共に頑張っていきましょう!」とさらに士気を高めた。

JIMINもまた、「テヒョン(V)は10年ですが、僕は上京して9年目になります。より標準語をうまく駆使しているような気がします。そうではありませんか?」と冗談交じりにメンバーたちに問いかけ、RMの「素晴らしいです。80点差し上げましょう(笑)」という返しを挟み、「標準語だけでなく、もっと成長していい人になるために、努力を怠らないようにします。いつもそばで見ていてくださるARMYの皆さん、愛しています。ありがとうございます」とストイックで努力家のJIMINらしいスピーチをした。

メンバーたちが先にいい事を全部言ってくれたというJUNG KOOKは「今年もあとわずかです。今年の残りの時間をARMYと一緒に楽しく過ごしたいです。会いたいですね。とにかく、本当にありがとうございます。」と話し、10月24日のオンラインコンサートについて、「きょうも、ここでもコンサートに関する打ち合わせをしました。それだけたくさん力を入れています。(ファンが)会場には来られませんけど、目で耳で臨場感を感じられるようにしたいと思いますので、期待してもう少しお待ちください」と期待を膨らませた。

さらに、最後はRMがARMYに対し、「僕たちのすべての言葉、やること、姿は、皆さんのためのものであり、皆さんによるものであり、皆さんだけのものです。改めて、遠くから送ってくださる皆さんの大きな愛に感謝します」とし、「僕たちは僕たちにできること、10月24日開催のオンラインコンサートで良い姿をお見せできるよう、ベストを尽くします。見守ってください。ありがとうございました」と心のこもったメッセージで締めくくった。

アンコールソングとして「Butter」をワンコーラス歌いながら、ことしもまた喜びの余韻を味わった「BTS」は終ってみれば、「大賞」を含む5冠を達成。自分たちが持つ昨年の「TMA」4冠の記録を更新した。また、「SUPER JUNIOR」とイム・ヨンウンが3冠、「SEVENTEEN」とファン・チヨルが2冠という結果だった。なお、この授賞式の模様は10月30日(土)午後7時からMUSIC ON! TV(エムオン!)にて日本語字幕入りで放送されるので、見逃してしまった人、まだ見ていない人、もう一度見たい人は要チェック!

(C)2021 THE FACT & FANN STAR All rights reserved.