韓国の俳優アン・ボヒョンが、ドラマ「ユミの細胞たち」の視聴者らに向けて終了の感想を伝えた。

アン・ボヒョンは30日、「ユミの細胞たち」最終回を目前に所属事務所FN Entertainmentを通じて「『ユミの細胞たち』シーズン1が最終回をむかえます。春から夏、秋まで心を一つにしてきた監督、 作家、全てのスタッフの方々、俳優の方々、そして細胞たちに感謝いたします。『ユミの細胞たち』が視聴者の皆様の日常に楽しさと癒しをお贈りできたことが、とても幸せでした」と感謝の挨拶を伝えた。

続けて「『ユミの細胞たち』を準備しながら負担が大きかったです。原作キャラクターを上手く表現するために様々な努力をしましたが、ウェブトゥーンを好きな方々からも、ドラマとして初めて接する視聴者の方々からも、クウンというキャラクターによく合っているというお言葉をいただけて、胸いっぱいでした。全てが共感できる温かく幸せなドラマを共にできたことが光栄でした。『ユミの細胞たち』と一緒に泣いて笑い、共感してくださった視聴者の皆様方に感謝いたします」と心からの想いを伝えた。

「ユミの細胞たち」でクウン役を演じたアン・ボヒョンは、登場からウェブトゥーン原作のシンクロ率100%を見せ、ユミ(キム・ゴウン)との日常の恋愛の中にぴったりとハマっただけでなく、ドキドキいっぱいのワナビー彼氏として視聴者らを魅了させた。

初のラブコメに挑戦したアン・ボヒョンは、表現が下手で感情の起伏も大きくないクウンというキャラクターを、言葉使い、視線、行動の一つ一つにまで繊細に描き出し立体的なキャラクターとして誕生させただけでなく、自然な緩急調節の演技と繊細な表現力で恋愛のドキドキや胸の鼓動、葛藤を現実感溢れる演技で作品の完成度を高めた。

特にアン・ボヒョンの完璧な姿は毎回女心を掴んだ。高熱で倒れたユミをお姫様抱っこをして走る場面から仲直りのキスシーン、デートの場面の度にワナビー彼氏としてドキドキの最高潮を見せ視聴者らをクウンの魅力にどっぷりとハマらせた。
このように「ユミの細胞たち」を通じて完璧なキャラクター消化力を見せ、様々な可能性を見せた俳優アン・ボヒョンの今後の行方に関心が注がれている。

一方、TVINGオリジナル「ユミの細胞たち」は30日午前11時に最終回が先行公開され、午後10時 50分にtvNで放送される。