俳優ホ・ソンテが演技者の道を歩くまでの過程を思い出した。

31日に放送されたSBS「アラフォー息子の成長日記」には「イカゲーム」で世界的スターになった俳優ホ・ソンテが出演し、母たちと会った。

この日、「イカゲーム」後の変化を尋ねる質問に、ホ・ソンテは「母がとても喜んだ。 母が一言だけ言ったが、その言葉が胸に響いた。 『韓国戦争当時の大騒ぎは大騒ぎでも何でもない』ということだった。 ユーモアを交えた一言が私にはとても心に響いた」と告白した。

ホ・ソンテは大企業に勤めたのちに役者になった。 彼は「会社に勤めていた頃、演技はただの夢だった。 自分にはできない分野だと思っていたが、ある日会食が終わって酔った勢いで、テレビ字幕に出てきたオーディションに申し込んだ」と打ち明けた。

続いて「その後、予選だけで6回呼ばれた。 そうやって本選に行くことになったが、審査委員たちがみんなOKをくれた。 そのおかげで挑戦し続けることになり、結局演技サバイバルで5位になって俳優になった」と話した。

またホ・ソンテは、「もちろん最初は母親がとても反対した。 泣いて止めていた。 そのとき、私も泣きながら母の前で演技を披露したことを覚えている」と付け加えた。