「21世紀ポップアイコンと特別な夜。」

世界最高の人気ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」が2年ぶりのオフライン公演を行う。

「BTS(防弾少年団)」は11月27・28日・12月1・2日(現地時間)に米国ロサンゼルスのSoFiスタジアムで「『BTS(防弾少年団)』PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LA」の公演を開催する。

「BTS(防弾少年団)」のオフライン公演は2019年にソウルで行われた「2019『BTS(防弾少年団)』WORLD TOUR LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF THE FINAL」以来2年ぶり。 24日に行われたオンラインコンサートは世界197の国と地域から観覧され、「BTS(防弾少年団)」の新しいツアーに既に世界中のファンが熱い関心を見せている。

世界で最も価格の高い競技場で有名なSoFiスタジアムは9月27日、ホームページの「ニュースルーム」コーナーで「21世紀のポップアイコン『BTS(防弾少年団)』が11月27、28日、12月1、2日、SoFiスタジアムで4回の特別な夜として2021北米公演日程を発表した」と伝えた。

また、SoFiスタジアムは「このコンサートは2019年のワールドツアー『LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF』以来、初めて『BTS(防弾少年団)』とARMYが顔を合わせて会うコンサートになる」と語った。

続いてチケット予約販売の手続きを紹介した後、最後に「BTS(防弾少年団)」について説明する「About 『BTS(防弾少年団)』」コーナーを掲載した。

SoFiスタジアムは「BTS(防弾少年団)」のグループ名を、ハングルの発音「バンタンソニョンダン」と英語の「Beyond the Scene(ビヨンド・ザ・シーン)」の頭文字だと紹介した。 「ビヨンド・ザ・シーン」は現実に留まることなく夢に向かって絶えず成長するという意味が込められている。

また、SoFiスタジアムは「BTS(防弾少年団)」が13年6月のデビュー以後、世界中の数百万のファンを魅了していると付け加えた上で、RM、JIN、SUGA、J-HOPE、JIMIN、V、JUNG KOOKとメンバーの名前を列挙した。 特に「BTS(防弾少年団)」を指して「自作音楽と最高のパフォーマンス、ファンとのコミュニケーション方法などで認められた。数多くの世界記録を塗り替えて21世紀ポップアイコンとして位置づけられた」と絶賛した。

このほかにもSoFiスタジアムは「BTS(防弾少年団)」が「LOVE MYSELF」キャンペーン、国連演説などで世界に与えた前向きな影響力をはじめ、ビルボードチャート記録はもちろん、ビルボードミュージックアワード、アメリカンミュージックアワード、MTVビデオミュージックアワードなどの受賞記録、グラミーアワード候補選定、タイム誌2020今年の芸能人選定などの記録も説明した。

今回の「BTS(防弾少年団)」の公演に先立って、SoFiスタジアムでは伝説的なバンド「ローリングストーンズ」が公演を開催した。 そのバトンを「BTS(防弾少年団)」が引き継ぎ、最近「BTS(防弾少年団)」とのコラボ曲「My Universe」で人気を集めているバンド「コールドプレイ」も4月にSoFiスタジアムでコンサートを開催する予定だ。