日韓プロジェクトガールズグループ「IZ*ONE」のメンバーとして韓国でも人気を博した宮脇咲良が、日本の所属事務所Vernalossomとの契約が終了し、韓国での再デビュー説がさらに濃厚になってきたと報じられている。

 Vernalossom側は今月1日、公式ホームページで「この度、宮脇咲良と株式会社Vernalossomとのマネジメント契約が満了しましたことをご報告させていただきます」とし、「いつも応援してくださっているファンの皆様には、スタッフ一同、心より御礼申し上げます。今後とも、宮脇咲良への変わらぬお引き立てのほど、何卒宜しくお願い致します」と伝えた。

 宮脇咲良は2011年にガールズグループ「HKT48」でデビュー。2018年にMnet「PRODUCE 48」に出演して韓国内でも名を広め、最終順位2位でプロジェクトガールズグループ「IZ*ONE」のメンバーとなり、活動してきた。ことし4月に「IZ*ONE」の活動が終了すると日本に戻り、6月には「HKT48」を卒業した。

 以前から「BTS(防弾少年団)」所属のHYBEとの専属契約説が浮上しており、傘下のレーベル「sourceミュージック」で準備中の新ガールズグループに合流することが有力視されている。さらにその新ガールズグループには、同じく「IZ*ONE」として活動していたキム・チェウォンや「PRODUCE 48」に出演したホ・ユンジンらも合流すると伝えられており、期待が高まっている。

 ただHYBE側は、宮脇咲良との契約関係になどについて口を閉ざしている。以前HYBE側は「アーティストの契約内容について確認できない。ご理解いただきたい」と明らかにしていた。