韓国女優ハン・ソヒ(26)側が、Netflixシリーズ「マイネーム: 偽りと復讐」でのベッドシーンに関する”物議”について釈明した。

 所属事務所は「Netflixシリーズ『マイネーム: 偽りと復讐』の特定シーンをめぐり、『事前同意なく、現場で決定された』との疑惑に関して説明しようと思います」として、マスコミ向けに公式立場文を配布した。

 以下、ハン・ソヒの所属事務所が配布した公式立場文の全文。

こんにちは。9アートエンターテインメントです。
Netflixシリーズ「マイネーム: 偽りと復讐」の特定シーンをめぐり、「事前同意なく、現場で決定された」との疑惑に関して説明しようと思います。

先ごろ、作品関連のメディアインタビューに参加したハン・ソヒの「撮影中に知った」という発言で多少の誤解が生じたと判断しています。
そのため、正確な事実関係をはっきりさせようと該当シーンの決定過程についてお伝えします。

該当シーンは、プレプロダクション段階で初めて議論され、ジウ(役名)の感情の変化を示すためにベッドシーンを撮影する可能性があるという話が事前に伝えられていました。

当時、台本が完成した状況ではなかったため、撮影をしながらキャラクターの感情線に沿って撮影進行について決定しようと話しました。
その後、該当シーンでジウの人間的な姿を見せ、それ以降に起こる事件などジウの感情の深みを説明することのできるシーンだと判断し、
最終的に出演者と制作陣が同意した上で撮影が進められました。
監督、作家もシーンを表現する部分において、深く話し合い、そして悩みました。

このように「撮影中に知った」という(ハン・ソヒの)言葉は、協議の末に撮影途中で最終決定したという意味です。
全シーンは監督、作家、撮影スタッフ、そして出演者が十分に話し合って進行されたことをお伝えします。

作品のために撮影スタッフ、全出演者が悩んだ末、苦労して決定したということを今回の疑惑の回答と説明します。
今後、同件に関する間違った推測、誤解は自制願います。
ありがとうございます。